京都ツウのススメ

第九十六回 京の仏師

[仏像崇拝の時代をもたらした京の仏師たち] 平安時代と鎌倉時代は、日本の仏像制作において黄金期とも言うべき時代でした。当時の京の仏師たちの活躍を、らくたびの若村亮さんが紹介します。

京の仏師の基礎知識

其の一、
平安時代中期、康尚(こうしょう)が造仏を職業にした最初の人物と言われます
其の二、
康尚の子・定朝(じょうちょう)が仏像造りの基礎を確立しました
其の三、
定朝の死後、円派、院派、慶派に分かれ、それぞれ活躍の場を確立します

定朝が築いた仏像様式の基本

仏像は、飛鳥時代や奈良時代には奈良を中心に制作されていましたが、平安時代になり密教が盛んになると、制作の場を京都へと移していきました。平安時代中期、それまでは1本の木を彫る「一木造り」だったのに対し、康尚の子・定朝は、何本かの木を組み合わせて仏像を造る「寄木造り」という、仏像を短時間で大量に制作することができる日本独自の様式を生み出しました。また、丸顔で細目のふっくらした姿が特徴の「定朝様」と呼ばれる作風は、千年以上経った今もスタンダードな仏像造りの様式として継承されています。

円派、院派、慶派の三分派へ

定朝の死後、長勢と覚助が仏師として名を馳(は)せるようになり、やがて円派、院派、慶派の3つに分かれます。京都では、定朝の仏像様式を踏襲し、個性を抑えた作風の円派と院派が好まれていたと言われます。一方、慶派では、鎌倉時代になって運慶・快慶という高名な仏師が活躍し、仏像崇拝の最盛期を迎えます。しかし、崇拝の対象が多様化する中で、仏像の存在感は薄れていき、仏像彫刻は鎌倉時代に最後の頂点を極めることになりました。

[今日の仏師 三派の成り立ちと特徴] 長勢の子・円勢に始まる円派は、京都の三条に工房を構え、基礎を作った定朝の正式な後継としての作風で数々の仏像を生み出しました。一方、覚助の子・院助を創始者とする院派も、院助のふたりの息子、院覚・院朝らが京都で活躍し、平安時代末期に最盛期を迎えます。そして、康慶を祖とする慶派は、源平合戦で焼けた奈良の東大寺や興福寺の復興に際して仏像を造りました。仏像の中に作者自身の名を残していることからもわかるように、個性が強い作風が特徴です。とりわけ快慶は、京都の寺院に作品を多く残していることで知られています。

仏師たちの工房 〜 仏所

仏師が住み込んで仏像を制作した工房は「仏所」と呼ばれていました。主に円派が使用した京都・三条の三条仏所が始まりで、院助が祖と言われる七条大宮仏所、覚助が祖の七条仏所の3カ所がありました。七条仏所は鎌倉時代になって慶派の台頭を支えることにもなります。寝泊まりしながら仏像制作に励むことができるため、仏師の技量向上に大きく寄与したと言われますが、現在は七条仏所跡が残っているのみです。

康尚 998〜1018年

仏師という職を築いた最初の人物。生涯に百数十体以上、それも大規模なものを多く手掛けたとされ、温和な雰囲気の仏像を好む藤原貴族に重用されました。康尚の作と断定できる仏像は現存しませんが、東福寺の塔頭・同聚院の不動明王像や広隆寺の千手観音坐像は康尚の作品と推測されています。

平安時代

定朝 1020~1057年

京都の無量寿院(後の法成寺)の九体阿弥陀像造立の際、康尚を手伝った功績をたたえられ、仏師として初めて「法橋」の地位を与えられました。

現存する唯一の作品は平等院鳳凰堂の阿弥陀如来坐像(国宝)。頬の丸い顔立ちや均整のとれた姿は「定朝様」として後の仏師の模範となりました

ココがツウ!元々は僧に与えられる「法橋」「法眼」「法印」という位が、優れた仏師たちにも与えられました。この位に就いた者は、仏所を持てるようになり、造仏活動に専念できるようになりました

©平等院

円勢 1083~1134年

日本史上で最大規模の造仏が行われた白河・鳥羽両上皇の院政期に活躍したことで仏師として最高位の「法印」の位を得ました。その後、法成寺など京都のいくつかの寺院の造仏にも参加。柱絵を描くなど仏画にも秀でていました。

仁和寺の薬師如来坐像(国宝)はわずか11cmほどの白檀製の小さな像で、国宝の仏像としては最小です。子・長円も制作に参加しています

※秘仏

院覚 1114~1136年

定朝様を継承し、関白・藤原忠実発願の阿弥陀如来像を造立、そして鳥羽天皇皇后である待賢門院発願の法金剛院の造仏に従事し、仏師として当時の最高位である「法眼」の位を得ました。

法金剛院の木造阿弥陀如来坐像(重文)。きれいに並んだ螺髪(らほつ)や整った顔立ちなどは定朝の後継らしさがうかがえます

鎌倉時代

快慶 1183~1223年

運慶と並び、慶派の鎌倉時代の代表的な仏師。古代の彫刻の影響が強い運慶よりも京仏師の作風を多くとどめていて、玉眼を入れた写実的な顔立ちや装飾、彩色の美しさが特徴です。

醍醐寺の弥勒菩薩坐像(重文)は、ヒノキの寄木造りで金箔の細片で描いた文様が施されています

ココがツウ!快慶は制作した多くの仏像に署名を残しており、無位の時期、法橋、法眼の位を得た時期それぞれに署名の仕方が異なっているため、制作年代の推定がしやすいと言われています

©醍醐寺 ※非公開

※名前の後に記した年代は推定造像期間で太字は没年

制作:2016年3月
バックナンバー
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ