京都ツウのススメ

第九十四回 京の梅

[愛されてやまない京の梅] 奈良時代に中国から伝わった梅が、こよなく愛され続けてきた様子を、らくたびの森明子さんが紹介します。

京の梅の基礎知識

其の一、
梅は、奈良時代初めに中国から日本に伝わりました
其の二、
当時は、桜よりも梅が人々に愛されたことがうかがえます
其の三、
京の梅は、歌や芸術作品に多く登場します

梅はなぜ人々に愛されたのか

梅は、桜と同様に春の花として古来より人々に愛されてきました。文献などによると、梅は奈良時代初期に中国から伝わったという説が一般的です。万葉集が編集されたのもこの頃で、約4,500首のうち植物を詠んだ歌が1,700首ほどあり、その中で梅は約120首、桜は約40首あります。どちらも日本人の感性になじむ、落ち着いた美しさを持っているため、歌人たちの心をつかんだのでしょう。当時の皇族は、遣唐使が中国から持ち帰った文化を積極的に取り入れていました。梅もそのひとつとして人々の憧れの対象となり、桜をしのぐ人気を誇ったとされています。

京に息づく梅の香り

やがて、日本古来の文化を見直す風潮の中で、京都御所の紫宸殿(ししんでん)の庭に植えられていた「左近の梅」が、桜に取って代わられるなど、梅は桜にその座を奪われた形になりました。しかし、人々が梅を愛していたことをうかがわせる文化が京都には多数残っており、梅を題材にした歌や、芸術作品、梅にまつわるエピソードなどが現代に伝わっています。

【京に残る梅の文化の数々】古来より京都では、多くの人が梅を愛してきました。中でも、平安時代になってから伝わる紅梅という濃い色の梅は枕草子や源氏物語にもよく登場し、平安時代の流行色でもあったようです。

歌に詠まれた京の梅

【東風(こち)吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春を忘るな】菅原道真

北野天満宮

梅をこよなく愛した菅原道真が北野天満宮で詠んだ歌。東風とは春が近くなると東の方から吹いてくる風のことで、あるじ(主)は道真自身を指します。『梅の花よ、私が大宰府(福岡県)に左遷されていなくなっても、きちんと花を咲かせなさい』という意味です。

ココがツウ!

北野天満宮と梅の関係は古来より深く、社紋は梅をかたどっています。現在、境内には約1,500本もの梅の木があります

【風かよふ 綴喜(つづき)の里の 梅が香を 空にへだつる 中垣なぞき】宗良親王

鎌倉時代末期、後醍醐天皇の皇子である宗良親王によるもので、現在の京都府城陽市にある梅の産地・青谷梅林のことを詠んだ歌です。江戸時代になって、淀藩より梅樹栽培の奨励を受け規模が拡大したと伝えられています。

絵に描かれた京の梅
「紅白梅図屏風」(国宝) 尾形光琳

琳派を代表する江戸時代の画家・尾形光琳の代表作「紅白梅図屏風」は、下鴨神社にある光琳の梅と呼ばれる紅梅をモデルに描いたと言われています。ほかにも、鎌倉時代の作家・藤原信實が北野天満宮の梅を描いた「北野天神縁起絵巻」も有名です。

MOA美術館蔵

「光琳の梅」 下鴨神社
ココがツウ!

下鴨神社境内を流れる小川の上流側からこの梅を見ると、光琳が描いたものに近い梅の姿を目にすることができます

エピソードのある京の梅
「左近の梅」 大覚寺

平安京造営の際、京都御所の紫宸殿前に植えられた梅は、村上天皇の時代に起きた火災で焼失しました。代わりの梅を献上した紀貫之の娘が梅との別れを惜しんで詠んだ歌に感動した村上天皇は、梅を返し桜を植えました。そして右近に植えられた橘とともに「左近の桜・右近の橘」が定着しました。しかし旧嵯峨御所である大覚寺では左近に梅が置かれ続け、平安時代初期の面影を現在に残しています。

ココがツウ!

このエピソードから、時代祭に登場する紀貫之の娘は梅の小枝を持って歩いています

「悲田梅」 永観堂

平安時代後期の僧・永観が、境内の梅の実を貧しい人に分け与えたり、病人の治療に用いたことから、慈悲よりなる梅という意味で「悲田梅」と呼ばれ、今も境内に残っています。

梅とことば
松竹梅

いずれも年始から春にかけておめでたいとされる植物。平安と長寿を表す松、丈夫であることから無事を意味する竹、そして雪の中でも花をつける梅は、強さと華やかさの象徴です。もともとランク付けはありませんでしたが、現代では松が最も上位とされ、次いで竹、梅の順が一般的です。

梅雨

梅が実る時期に降る雨は、梅にとって恵みの水になるということから、6月の長雨を「梅雨」と呼ぶようになりました。梅の実が熟してつぶれることを「潰ゆ(ついゆ、つゆ)」と言い、梅雨を「つゆ」と読むようになったとの説があります。

塩梅(あんばい)

もともと「えんばい」と読み、料理の味を調える塩と梅酢を指していましたが、「塩梅が良い」という言い方が「按排(あんばい)が良い(程良く物事を処理すること)」の意味と混ざるようになり、塩梅も「あんばい」と読まれるようになりました。

制作:2016年1月
バックナンバー
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ