京都ツウのススメ

第八十八回 妖怪紀行

[この世とあの世が交錯する京都の妖怪伝説] 千年の歴史を持つ京都に伝わる数々の妖怪話。一条通の百鬼夜行伝説を中心に、らくたびの若村亮さんが紹介します。

妖怪紀行の基礎知識

其の一、
妖怪は、人間とは違う姿をし、不思議な現象を起こす存在とされています
其の二、
平安時代、鬼や物の怪(もののけ)と呼ばれた多くの妖怪が出没したと言われます
其の三、
古道具の妖怪が行列をなす百鬼夜行(ひゃっきやぎょう)は、京都の一条通に伝わる話です

怪奇の舞台・京都に潜む妖怪

中国の都をモデルに造られた平安京は、南を九条大路、北を一条大路、東西を京極大路で囲まれた洛中と、その外側にあたる洛外から成る都市です。都の造営には風水が取り入れられ、北東の鬼門からは、人々を苦しめる邪悪な鬼や物の怪が来ると考えられていました。鬼門から程近い一条大路(現・一条通)界隈では、多くの妖怪が目撃されたと言われています。

一条通を行進する妖怪たち

平安京の北端にあった一条通は、洛中と洛外の境界で、この世とあの世を結ぶ鬼門のある方角から近いため、妖怪伝説が数多く残ります。

平安時代の康保年間(964~968 年)、人間に捨てられた古道具が、魂を得て恨みを晴らすために、妖怪・付喪神(つくもがみ)に化けて出没。鬼や狐、狼など様々な姿をし、船岡山(京都市北区)に住んで人間や家畜を襲って食べていたそうです。また、妖怪たちが深夜に一条通を行列をなして歩き、それを目撃した人は死んでしまうという百鬼夜行の伝説も語り継がれています。室町時代に登場した「百鬼夜行絵巻」には、行列の様子が滑稽に描かれています。

世にも奇妙な百鬼夜行

一条通を妖怪が行進する百鬼夜行の伝説と、登場する妖怪たちの姿や特徴を解説します。

古道具の妖怪である付喪神たちは、自らを神の国に住むものとして神社を造り、一条通を行進する祭礼を行いました。これを百鬼夜行と言い、夜な夜な練り歩くようになったそうです。ある日、妖怪たちは関白の行列と鉢合わせし、関白が持っていた護符の力を恐れて逃げていったという話が残ります。それを聞いた天皇の命により、その護符を作った僧侶をはじめとする人々が妖怪たちのすみかに攻め入り退治したと言われています。

百鬼夜行に参加する付喪神とは…

釜や下駄などの道具類は100年経つと魂を得て妖怪となり、人間に悪行を働くと言われます。その妖怪たちを総称して付喪神と呼びます。

ココがツウ人々は百鬼夜行に遭遇すると死んでしまうとされ、夜の外出を避けたり、妖怪に効くという呪文を唱え、魔除けの護符を持ち歩いたりしました

払子

殺生を禁じられた僧侶が虫を追い払うために使用した法具。妖怪になった後、迷える生き物すべてを導くように後ろの妖怪たちを確認しながら歩きます。

払子イラスト

草履

昔は最も一般的な履物だった草履。履き古され妖怪になった草履は、歩かずに馬にまたがり行進をしています。

草履イラスト

琵琶イラスト

琵琶・琴

平安時代に中国から持ち込まれた楽器・琵琶。その音色を気に入った鬼が天皇が住む平安京内から盗み出します。時を経て琵琶は付喪神となり、琴の妖怪を引き連れて音を奏でながら行列を歩きます。

扇子イラスト

扇子

扇子は、平安時代に日本で生まれた道具です。和歌が書かれ、人の思いを宿した扇子は、この世とあの世の境界に出没する妖怪に変化し、風のごとく舞い踊ります。

ココがツウ東寺や北野天満宮で行われている古道具市は、付喪神になる前に捨てられた古道具を集めて神社仏閣で転売したのが始まりです

都を守る人々が活躍した

【妖怪退治】人々を襲う妖怪がいれば、それを退治する者が現れました。ここでは妖怪と戦った平安時代の伝説を紹介します。
土蜘蛛vs源頼光

鬼の顔、虎の胴体、蜘蛛の足を持ち、口から糸を出して人をからめ捕って食べる土蜘蛛。京都には巣となる蜘蛛塚が3つあったとされています。武将・頼光が退治するために刀で斬りつけると、傷口から死人の首や無数の小さい蜘蛛が出てきたそうです。

美女に化けた鬼vs渡辺綱

頼光の家来・綱は、一条堀川の戻橋で夜遅くにひとりで歩く美女に出会い、馬に乗せてほしいと頼まれます。すると突然、女は鬼に姿を変えて襲ってきました。綱は少しも動じずに、鬼の腕を刀で斬り落とし、助かったと言われています。

酒呑童子vs5人の武士

正暦年間(990~995年)に、都では酒呑童子という鬼による誘拐事件が相次ぎ、朝廷から源頼光ら5人の武士が退治するため、鬼の住む大江山へ。そこで首領の酒呑童子が多くの鬼を従えて酒宴をしていたところを退治したとされています。

ココがツウ酒呑童子とは、平安時代に京都で暴れまわったとされる、日本の中で最大最強の鬼だそうです

制作:2015年7月
バックナンバー
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ