京都ツウのススメ

第八十四回 京のお弁当

[歴史ある華やかな京弁当] 日本独自に発展したお弁当文化。その中でも、京都で誕生・発展した京弁当について、らくたびの森明子さんがご案内します。

京のお弁当の基礎知識

其の一、
平安時代、干したご飯などの保存食を持ち運んだものがお弁当の原型です
其の二、
江戸時代、京都の風習から行楽弁当や仕出し弁当が誕生しました
其の三、
昭和初期に、懐石料理を取り入れた松花堂弁当が作られました

京都の食文化とお弁当

平安時代、貴族は旅をする際、握り飯やお米を天日干しにした長期保存食の干飯(ほしいい)を持ち運んでいました。これがお弁当の原型と言われています。安土桃山時代には、花見や茶会の席で重箱などの容器に酒肴(しゅこう)料理を詰めたお弁当が登場し、豊臣秀吉が醍醐で催した花見の折に持ち込んだのが「花見弁当」のはしりとされます。江戸時代に入ると、民衆の間にもお弁当を食べる習慣が広まっていきました。その後、石清水八幡宮の社僧・松花堂昭乗の名前からとった「松花堂弁当」や、京都独自の風習である「仕出し弁当」など、各地でその土地の名産や食文化を取り入れた様々なお弁当が生まれました。

京都の松花堂弁当・江戸の幕の内弁当

松花堂弁当は、昭和初期に名料亭・吉兆の創業者である湯木貞一が、昭乗の愛用していたたばこ盆を改良して懐石料理を詰め、茶会の席で振る舞ったことで誕生しました。一方、幕の内弁当のルーツは江戸の芝居見物。室町時代に確立した和食の基本となる本膳料理が芝居茶屋で提供されるようになり、休憩時間である幕間(まくあい)に食べたことが始まりとされ、起源は異なります。

今も親しまれる京都生まれのお弁当 京都各地にゆかりのあるお弁当やお弁当箱についてのエピソードなどをご紹介します。

名料亭が作った松花堂弁当

江戸時代初期、書画家で茶人でもあった松花堂昭乗は、内側が十字に仕切られた農家の種入れ用の器に着想を得て、絵の具入れや茶会用のたばこ盆を作りました。約300年後の1933(昭和8)年頃、昭乗が住んだ庵・松花堂遺跡(現在の松花堂庭園)でこの器を見つけた吉兆の創業者・湯木貞一はこれを料理の器とすることを思い付き、当時隆盛であった大規模な茶会にふさわしいお弁当として松花堂弁当が考案されたのです。

松花堂弁当の盛り付けは、懐石料理の流れをくんでいます。一般的には、右奥に向付、左奥は焼き物、左手前は煮物、右手前はご飯となります。

八幡市立松花堂庭園・美術館

  • 9時~16時30分(受付)月曜(5/4を除く)・5/7(木)休業 ※料金はお問い合わせください
  • 075-981-0010 京都府八幡市八幡女郎花43
  • 樟葉駅・八幡市駅からバス 大芝・松花堂前下車すぐ

松花堂弁当は、内側に仕切りがあり、縁が高く、蓋のある弁当箱を用います。仕切りには温かいものと冷たいものを分けたり、味やにおいが移らないようにしたりする役目があります。懐石料理の基本である一汁三菜が表現され、略式懐石とも呼ばれています。

四季折々の行楽弁当のひとつ花見弁当
紙本着色醍醐花見図屏風 国立歴史民俗博物館蔵

桜を愛でる花見文化は平安時代からありました。安土桃山時代の1598(慶長3)年の春、豊臣秀吉は絢爛豪華な宴をするために、数度の下見をしてから京都・醍醐寺に700本の桜を植えたと伝わります。そこで盛大な宴を開き、その時に持ち込んだ料理が花見弁当の始まりとされています。また、武家や公家などの上流階級の人たちは、豪華な装飾が施された漆器の重箱に料理を詰め合わせ、客人たちに振る舞っていたそうです。その後、屋外で開かれた茶会などの文化と結び付き、江戸時代には花見弁当が民衆にも定着していきました。

江戸時代中期には、花見や舟遊びなどの行楽用弁当の詰め方を記した教本も出版されました

京都のおもてなし文化仕出し弁当

京都では、お客さまをおもてなしする際には家庭料理を出さず、仕出し屋から取り寄せる風習があります。プロの料理を食べてもらうことが客人への礼儀だと考えているからです。そして、仕出し料理を重箱に詰めてお弁当の形態にしたことから、仕出し弁当が広まりました。

弁当箱の歴史を感じに…

都の食文化を詰め込んだ弁当箱は、移りゆく時代とともに、様々な形に変化してきました。安土桃山時代に生まれた漆器の弁当箱には、季節の風物が蒔絵や螺鈿(らでん)細工できらびやかに描かれていました。観劇用、花見や蛍狩り用など、風流な遊び心を弁当箱にも表現していたようです。
京都の麸専門店・半兵衛麸には、江戸時代の花見用弁当箱などを展示するお辮當箱(べんとうばこ)博物館が併設されています。

お辮當箱博物館

  • 9時~17時 075-525-0008
  • 京都市東山区上人町433
  • 清水五条駅下車 南東へすぐ
制作:2015年4月
バックナンバー
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ