京都ツウのススメ

第七十四回 京の別邸

[美しい庭園でもてなす 京の別邸]南禅寺界隈に立つ、近代建築の邸宅と美しい庭園。時代ととともに歩んだ京都の別邸について、らくたびの若村亮さんが案内します。(無鄰菴)

京の別邸の基礎知識

其の一、
平安時代、天皇や貴族は景勝地に別邸を造りました
其の二、
庭園などの日本美が集結され、政治的な場としても発展しました
其の三、
明治時代から昭和にかけ、南禅寺界隈に多くの別邸が生まれました

京の別邸の役割

平安時代、天皇や貴族は遊興や休息が目的の別邸を造営し、桓武天皇は沼を切り開いて宮中に庭園・神泉苑を造り、宴を催すなどして行事を楽しみました。また、藤原家別邸の白河院が院政の拠点となって、政治的な役割も果たすようになります。室町時代には、足利家によって金閣・銀閣という時代を象徴する別邸も誕生しました。

南禅寺界隈の別荘庭園群

琵琶湖疏水が開通した明治時代から昭和初期にかけては、南禅寺の敷地であった場所に、別邸が相次いで造られました。この界隈に別邸が集まったのは、神仏分離令や社寺上知令によって広大な敷地があった南禅寺の土地の大部分が民間へ払い下げられたことによるものでした。内閣総理大臣も務めた山縣有朋や野村家といった財閥など、政財界の人々がステータスとして競って別邸を建てたのです。東山の景観と琵琶湖疏水の水を利用した庭園の多くを作庭家・小川治兵衛が手掛けています。庭園や数奇屋建築に趣向を凝らし、社交の舞台となったこの別邸群を『南禅寺界隈別荘庭園群』と呼び、現在は15の邸宅が残っています。

知られざる京の至宝 南禅寺界隈の別邸 優れた邸宅や庭園が特徴の京都の別邸。今も貴重な文化財として、その美しい姿を残す別邸にまつわるエピソードをご紹介します。

1.琵琶湖疏水

1885(明治18)年に着工した琵琶湖疏水には、当初、水車を作って機械を動かし南禅寺界隈を工業地化する目的もありました。しかし、水力発電へと計画が変更されたことにより工業地化はされず、疏水分線路の水は無料で使えることに。これが南禅寺周辺の別荘地開発の誘い水になったと言われています。

2.小川治兵衛

植治(うえじ)の屋号で知られる作庭家。特に近代で活躍した7代目は、自然の景観と躍動的な疏水の流れを組み込み、植治流と言われる独創的な庭を作り上げ、近代日本庭園の先駆者として活躍しました。

ココがツウ7代目小川治兵衛は、山縣有朋の別邸・無鄰菴で作庭を担当。伝統的な作庭に批判的だった山縣有朋に認められたことで、ほかの別邸の庭園も手掛けるようになりました

南禅寺界隈の別荘庭園群は時代によって所有者が変わり、現在に至ります。
無鄰菴

1895(明治28)年完成、山縣有朋の別邸で、この界隈の別荘庭園群の先駆けとされます。敷地の大半を占める庭園は、山縣有朋が設計・監修し、7代目小川治兵衛が作庭しました。疏水を取り入れ、三段の滝や池、芝生を配した池泉回遊式庭園です。

ココがツウ日露戦争の開戦について、山縣有朋や伊藤博文ら4人が話し合った「無鄰菴会議」の舞台となった洋館も残されています

無鄰菴の画像(山縣有朋)
白川院

元は藤原良房の別荘で、やがて白河天皇に献上され、この地に法勝寺が建てられました。広大な敷地を誇った法勝寺でしたが、のちに廃寺に。近代になって呉服商・下村忠兵衛が所有し、1919(大正8)年、建築家・武田五一による数寄屋造りの建物と7代目小川治兵衛の庭園が造られました。庭内には多種の樹木があり、四季によって様々な風情を感じられます。

白川院の画像(※※現在は旅館として使用。当日フロントで申し込めば無料で見学可能)
菊水

呉服商・寺村助右衛門の別邸で、現在は料理旅館として営業。7代目小川治兵衛の庭園や、明治時代以前に造られた薮内流茶室と裏千家流の茶室があります。

ココがツウ茶室は移築されましたが、今でも建築当時のままの内装などを観ることができます

大河内山荘(右京区)

大正・昭和期に活躍した俳優・大河内傳次郎が設計し、庭師・広瀬利兵衛とともに30年の年月をかけて造った回遊式庭園。

名称 元の所有者 公開
大雲院書院(東山区) 大倉財閥創始者・大倉喜八郎 7/12(土)~9/30(火)公開
長楽館(東山区) 実業家・村井吉兵衛 ホテル・カフェとして営業
夷川邸(中京区) 実業家・藤田傳三郎 ホテル内へ移築、レストランとして営業
吉田山荘(左京区) 東伏見宮家 料理旅館として営業
制作:2014年5月
バックナンバー
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ