京都ツウのススメ

第七十二回 京舞

[花街を華やかに彩る京舞] 京都で生まれ、その文化に育まれた京舞。春の訪れを告げる都をどりでも知られる花街の舞について、らくたびの森明子さんが解説します。

京舞の基礎知識

其の一、
京都には、芸妓さんや舞妓さんがいる5つの花街(かがい)があります
其の二、
各花街には舞踊の流派があり、祇園甲部は京舞の井上流です
其の三、
能の影響を受けた優美な表現が京舞の特徴です

京の花街と舞

芸妓・舞妓の芸を鑑賞したり、もてなしを受けたりできる花街。京都には現在、祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の5つの花街があり、合わせて五花街(ごかがい)と呼ばれています。五花街の舞にはそれぞれ流派があり、祇園甲部の舞は京で生まれた「京舞」の井上流と定められています。祇園甲部では井上流以外の舞は禁じられており、井上流も祇園の地を出ることはないという密接な関係にあります。毎年春に芸舞妓が華麗な京舞を披露する『都をどり』は、井上流によって始められました。

井上流の歴史と特徴

京舞の井上流は、寛政年間(1789~1801年)に皇室ゆかりの近衛家や一条家、上皇の住まいである仙洞御所の舞指南役を務めた井上サト(初世家元・井上八千代)によって創始されました。宮廷文化を基盤とした舞の流儀は御所風で、屏風を立てた座敷で舞う座敷舞の流れをくみます。能や文楽の影響も受けており、たおやかな女性らしい所作と、緊張感のある力強さを兼ね備えた優雅さが特徴です。

[華麗なる舞踏] 古都に脈々と受け継がれてきた京の舞。花街というベールに包まれた、その歴史と文化をご紹介しましょう。

京の五花街

京都の花街では、芸舞妓がお座敷や舞踊会で舞を披露し、人々をもてなします。舞の流派は花街によって異なり、それぞれの定期公演などで鑑賞することができます。現在、五花街の中で「京舞」が見られるのは、祇園甲部だけです。

ココがツウ昭和初期まで京舞には井上流のほかに、篠塚流という流派がありました。江戸・明治時代には花街の舞踊の主流を占めるほど隆盛しましたが、後継家元の不在期間が長く続き、断絶してしまいます。現在は復興を果たしましたが、残念ながら花街では見ることはできません。

井上流と都をどり

1872(明治5)年に、京都博覧会の余興として企画された「都をどり」。その振り付けや指導を、井上流の三世井上八千代が担当し、こ の催しは大盛況となりました。以降毎年春に行われ、京都の春の風物詩として定着。この人気を受け、ほかの花街でも定期公演が開催されるようになりました。
「ヨーイヤサー」の掛け声を合図に始まる都をどり。その第1景で必ず銀襖の前で舞うのは、京舞が公家の御殿で演じられていたことに由来します。そしてその襖が開くと、春夏秋冬、そしてまた春へと四季の移り変わりを描いた全8景が、総勢約60名の祇園甲部の芸舞妓たちの華麗な京舞で綴られます。

京舞の基本

祇園甲部の女性だけが舞うことを許される、優美な井上流の特徴を見てみましょう。

ココがツウ京舞は酒席での座敷の舞として発展したため、1畳程の狭い空間で静かに舞うように構成されています。金屏風を立て、燭台にろうそくを灯して舞われることが多いのも、座敷舞の名残です

[表情]能と同じように、顔で感情を表現しないのが基本です。手ぶりや腰から上の仕草によって心の動きを表現します。 [歩き方]背筋を伸ばしたまま腰を落とした「おいど(お尻)をおろす」という姿勢と、足の裏を地面に付けたまま進むすり足が基本。これらは能から影響を受けています。 [扇]井上流の扇は、図柄が「近衛引(このえびき)」という、公家の近衛家に由来するしま模様。しまの数は舞の熟達度を表し、多いほど技量が上であることを示します。「ココがツウ」舞妓は紅、芸妓は萌黄(もえぎ)または紫、稽古用は白と、立場などによって扇の色が変わります

鑑賞するならココでも

ギオンコーナー[弥栄会館内]

舞妓さんによる京舞をはじめ、狂言、雅楽、茶道、華道、琴など日本の伝統芸能を鑑賞できます。

  • 18時・19時
  • 大人3,150円・高大生2,200円・小中生1,900円
  • 075 - 561-1119
  • 京都市東山区祇園町南側570-2
  • 祇園四条駅下車 南東へ徒歩約5分
制作:2014年3月
バックナンバー
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ