京都ツウのススメ

第六十六回 京の女流文学

[平安京に花開いた女流文学]世界に誇る『源氏物語』を生み出した紫式部に、貴族の日常を鮮やかに描いた『枕草子』を残した清少納言…。平安時代、女性たちを中心に栄えた文学についてらくたびの森明子さんが解説します。

女流文学の基礎知識

其の一、
平安時代にかな文字が発達し、女性による執筆活動が盛んになりました
其の二、
中央貴族によって宮廷に集められた優秀な女性たちが、作家として活躍しました
其の三、
名作『源氏物語(げんじものがたり)』と『枕草子(まくらのそうし)』は、一条天皇の后のサロンで生まれました

女流文学が生まれた背景

平安時代初め、文章を書く際には中国から伝わり男 性が使用していた漢字が主でしたが、やがてかな文字が発達していきます。漢字より簡単であることから女性が用いるようになり、通い婚という当時の慣習も重なって、夫を待つ間などに日記や物語を書く女性が現れ始めます。また、平安時代中頃から藤原氏ら中央貴族が摂関政治を始め、自分の息子や、天皇に嫁入りさせた娘の教育係として、和歌や漢詩の知識が豊富な女性を集めました。この女性たちは女房として宮仕えをしながら執筆活動を行います。娯楽の少なかった当時、彼女たちの作品は宮廷や貴族の中で評判を呼びました。

活躍する女性作家たち

平安時代中期、藤原道綱母が書いた『蜻蛉(かげろう)日記』を皮切りに、女性による日記文学が登場します。また、一条 天皇の后に教養をつけるため形成されたサロンの女房という立場から貴族の日常を鮮やかに描いた、紫式部の『源氏物語』と清少納言の『枕草子』は、ともに後世にも大きな影響を与えました。紫式部の同僚であった和泉式部や赤染衛門も、優れた文学作品を残しています。

女流文学の繁栄を築いた女性たち 貴族の政治社会や日常生活をモチーフに、雅やかな王朝文化を描き上げたふたりのベストセラー作家を中心に紹介します。

紫式部 壮大な恋愛小説を執筆

学者であった父の影響で、幼い頃から漢詩文が読める才女でした。
執筆した『源氏物語』の評判が、時の権力者・藤原道長の耳に入り、
その娘で一条天皇の后となった彰子の教育係として仕えました。

土佐光起筆 紫式部図(部分) 石山寺蔵

源氏物語

主に京都を舞台とした全54巻の長編物語。光源氏を主人公に男女の恋愛を描き、王朝文化最盛期の宮廷貴族たちの
生活を、優雅かつ克明に描いています。

Point 源氏物語は当時から高く評価され、歌人・藤原俊成が「源氏見ざる歌詠みは遺恨の事なり」と言うほど、歌人の必読書となっていました。

ココがツウ

一条天皇の興味を引き彰子の元へ通うようにさせるため、
紫式部は『源氏物語』を書き続けたと言われています

「若紫」の巻 光源氏が雀の子が逃げたと泣く少女・若紫(のちの紫の上)を見つめている有名な場面

清少納言 感性豊かなエッセイスト

三十六歌仙のひとりであった父・清原元輔の元で幼い頃から和歌や漢文に 親しみ、時の関白・藤原道隆の娘で一条天皇の后である定子に仕えました。
博学で才気にあふれ、打てば響く聡明さは宮中でも評判でした。

上村松園筆 清少納言(部分) 北野美術館蔵

枕草子

定子に仕えた宮中生活を中心に、名所や自然鑑賞などの内容を素材としています。当時の京都における貴族の生活、四季の行事、風物などがうかがえるエッセーです。

Point 清少納言は、定子と対立する藤原道長のスパイだと噂をたてられ長期の休みをとります。その際、定子から贈られた紙に宮中の様子などを書きつけたのが『枕草子』だと言われています。

ココがツウ

『枕草子』は、鴨長明の『方丈記』と吉田兼好の『徒然
草』と並んで、日本三大随筆のひとつとされています

第一段 夕日が山際を照らす頃、からすが数羽寝どころへ飛び急ぐ様子が趣深いと表現されています

その他の女性作家たち

女流日記のパイオニア 藤原道綱母 ふじわらのみちつなのはは

藤原兼家の妻で、結婚生活の様子をつづった『蜻蛉日記』は女性による初の本格的な日記文学で、後の紫式部や清少納言にも影響を与えたと言われます。

小倉百人一首殿堂「時雨殿」蔵

情熱的な恋愛歌の名手 和泉式部 いずみしきぶ

一条天皇の后・彰子に仕えた女房で、同僚の紫式部もその文学的才能を認めたほど。率直で大胆な作風の和歌を多く残し、敦道親王との恋をつづった『和泉式部日記』も残ります。

誠心院蔵

歴史物語を執筆 赤染衛門 あかぞめえもん

藤原道長の妻・倫子や、その娘の彰子に仕えた女房。道長の栄華を中心に描いた、平安時代の歴史物語『栄花物語』正編の作者とされています。紫式部や和泉式部、清少納言とも親交があり、優れた歌人として評価されていました。

物語好きの文学少女 菅原孝標女 すがわらのたかすえのむすめ

少女時代に『源氏物語』に出会い、文学の世界に強く引かれます。後に後朱雀天皇の娘に仕え、『更級日記』や『夜の寝覚』などを書きました。

菅原孝標女は藤原道綱母の姪にあたり、紫式部も縁者のひとり。文学に秀でた家系から高い教養を持った女性が登場し、互いに影響を与えながら執筆活動をしていたと言えます

ココがツウ

制作:2013年9月
バックナンバー
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ