京都ツウのススメ

第六十三回 京の町名

[古都の歴史の中で生まれた京の町名]ふと見かけると不思議な町名には、思いがけない古都の歴史や文化が隠されています。興味深い京の町名について、らくたびの若村亮さんが解説します。

枯山水庭園の基礎知識

其の一、
平安京の条坊制によって区切られたブロックの最小単位が「町」でした
其の二、
室町時代には、人々の生活に密着した町名が生まれました
其の三、
歴史や文化を反映した町名が数多く存在します

京都の町の成り立ち

平安京は、東西南北に張り巡らされた通りでブロックに分けられていました。その中で最も小さく区切られた約120m四方のブロックが京都の「町」の始まりです。鎌倉時代になると、こうした秩序が守られた区分けは失われ、近隣の家同士でまとまった町へ再編されていきます。

町名に見る都の歴史

室町時代には、商人や職人たちが地域ごとに同業者のコミュニティーを作り始め「仏具屋町」「船頭町」など職業を表したり、また「長刀鉾町」など町の象徴となるものを表したりと、人々の暮らしに関わる町名が生まれ、定着していきました。安土桃山時代になって豊臣秀吉が京都の大規模な都市改造を実施したため、この時 期以降に付けられた町名には秀吉ゆかりのものも多く見られます。また、「俊成町」「観世町」など歴史上の人物の名前が入っていたり、「本塩竈町」といった故事や伝説にちなんだ町名、さらに「元悪王子町」など寺社ゆかりの町名が多いことも特徴です。様々な京都の町名からは、長きにわたり都が置かれ、幾多の時代をくぐり抜けた古都の歴史を知ることができるのです。

京の歴史・文化を物語る町名

ユニークなものから何気ないものまで、様々な京都の町名からは、
古都ならではの歴史や文化をうかがい知ることができます。

[人物にちなんだ町名]俊成町

[故事にちなんだ町名]釘隠町

[故事にちなんだ町名]二帖半敷町

[寺社ゆかりの町名]元悪王子町

[秀吉ゆかりの町名]大寿町

[秀吉ゆかりの町名]正面町

[故事にちなんだ町名]本塩竃町

平安時代の代表的な歌人・藤原俊成の邸宅があった場所とされます。[ココがツウ]町内にあるホテルの一角には、俊成を和歌の神様としてまつる「俊成社」が鎮座しています
江戸時代の富豪の屋敷に、豪華な釘隠(釘の頭が見えないようにする金属製の飾り)が使用されていて、見物人が押しかけるほどの評判となったことから、この町名がついたとされます。

かつてこの地にあった五条寺というお寺を、住職が半分ずつ弟子に譲り、五条(帖)を2つに分けたことに由来するという説と、この辺りに住む町人が畳5帖の家を兄弟2人で分けたことに由来するという説があります。
スサノオノミコトを祭神と
する悪王子社があったことに由来します。ここで言う「悪」は“強力な”“猛々しい”という意味です。また、悪王子社は、後に五条通付近に移転し、その他にも「悪王子町」という町名が残っています。[ココがツウ]現在の悪王子社は八坂神社の境内にあり、その分霊が元悪王子町にまつられています
秀吉が御所からの帰り道に水を飲みたいと言ったところ、この付近の大和屋が茶を差し出しました。喜んだ秀吉が茶に「寿」の銘を与え、大和屋の「大」の字と合わせて町名にしたと伝わります。
秀吉が造った方広寺の大仏殿の正面に位置したため、「正面町」と名付けられました。大仏は、1798(寛政10)年に、落雷のため焼失しました。[ココがツウ]現在、正面町を通る正面通の突き当たりには、秀吉をまつる豊国神社があります
ここにあった、源融(みなもとのとおる)の邸宅・河原院には、陸奥国(現・東北地方)の浜・塩竈の浦を模して造った庭園に塩竈がありました。そこで貴族が塩焼きの風情を楽しんだことが町名の由来に。
制作:2013年6月
バックナンバー
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ