京都ツウのススメ

第五十六回 京の年末

[伝統が今も息づく 京の年末]昔ながらの行事が受け継がれる京都の年末行事。何気ない日々の暮らしに感謝する古き良き風習の数々を、らくたびの山村純也さんが解説します。

京の年末の基礎知識

其の一、
12月初旬、お寺では厳しい冬に備えて中風除け(ちゅうふうよけ)の行事が行われます
其の二、
12月13日は「事始め」(ことはじめ)と呼ばれ、歳徳神(としとくじん)を迎えるための正月準備を始める日です
其の三、
錦市場や社寺で開かれる市(いち)で、正月飾りなどの迎春用品をそろえる家庭が多くあります

街の年末行事

11月下旬、四条大橋近くの南座に顔見世興行の出演者が書かれた「まねき」が上がると、京都の街に年末ムードが漂い始めます。12月8日前後に寺院で行われるのが「大根(だいこ)だき」。祈祷後に大鍋で煮込まれた大根を食べ、中風除けを祈願します。そして13日は「事始め」と呼ばれ、この日から正月の準備を始めるのが京都の習わしです。

京の人々の正月準備

12月も中旬になると、寺院ではお堂や本尊を奇麗にする「煤払い(すすはらい)」や「お身拭い(おみぬぐい)式」などが行われます。燃料がまきであった時代の名残で、旧家では台所の梁(はり)に登り、煤払い(大掃除)をします。これは、正月には歳徳神という1年の豊作を約束する神様がやって来ると信じられているためで、家を美しくすることは神様を迎えるための大切な準備なのです。家を清めた後は、正月飾りやおせち料理の材料などを買いに行きます。これらを“京の台所”と言われる錦市場のほか、東寺や北野天満宮などの社寺に立つ市で買い求める家庭がまだまだ多くあります。そうして迎えた大みそかの夜、八坂神社で邪気を払う「をけら火」をいただいて無病息災を祈りながら、新しい年を迎えるのです。

ココがツウ歳徳神は「としとくさん」として親しまれ、〝徳〟が〝得〟に通じることから縁起が良いとされています。歳徳神はその年の恵方にいると考えられるため、歳徳神の神棚は毎年向きが変わります

正月を迎える準備の数々 昔から変わらない風習が今も続く京都。年末には、社寺や街なかで様々な行事が行われます。

新しい年の息災を祈るをけら詣り12/31

大みそかの19時30分頃から元日の早朝にかけて無病息災を祈って八坂神社で行われる行事です。「をけら」とはキク科の薬草の名前。たくと強い匂いがすることから、これを御神火とともにたき上げた「をけら火」は邪気を払うとされています。この火を火種にして雑煮を炊いて食べると、1年を健やかに過ごせるとされており、参拝者は吉兆縄に火をともし、火が消えないように縄をくるくると回しながら帰路につきます。境内で明け方まで授与される「をけら酒」は、「をけら」を使った珍しいお屠蘇(とそ)のことです。

ココがツウ

「をけら」は漢方薬にも使われ胃や腸に薬効があるとされています。これを調整した「をけら酒」は、身体に良いお酒として珍重されています

をけら木

参拝者が願いを書いて奉納する木。木は境内の燈籠(とうろう)の「をけら火」に入れられ、夜通したかれます。

吉兆縄

吉兆縄に移した「をけら火」は、神に供える灯明にも使われます。縄は、火が消えにくいよう竹の繊維で作られています。

をけら詣り[八坂神社]

※電車内に「をけら火」を持ち込むことはできません

1年を締めくくる盛大な縁日 終い弘法12/21 終い天神12/25

東寺、北野天満宮の12月の市は「終い弘法」「終い天神」と呼ばれ、葉ボタンや、干支(えと)にちなんだ飾りなどの迎春用品が並び、それらを求める人でにぎわいをみせます。

ココがツウ北野天満宮では、12月13日の事始めから大福梅(おおふくうめ)が授与されます(有料)。京都では、元日の朝にこの梅を白湯に入れて飲み、無病息災を祈ります

他にもこんな伝統行事 事始め12/13

古くは、本家や目上の人へ鏡餅を持ってあいさつに行く風習がありました。現在では祇園などの花街で、芸事の師匠宅やお茶屋を訪れ、1年のお礼と新年のあいさつをする芸妓や舞妓の姿が見られます。

お煤払い12/20

東本願寺では、御影堂で煤払いが行われます。堂内にたまった1年分のほこりを巨大なうちわであおいで払い出す様子は、冬の京の情景です。

※非公開

先人の知恵が詰まった冬の風物詩

12月初旬、上京区の千本釈迦堂や右京区の了徳寺では「大根だき」が行われます。昔、作物のとれない冬は栄養不足になりがちだったため、保存のきく根菜などを食べることで、冬を健康に過ごそうという工夫だったようです。中京区の矢田寺では、12月23日に「かぼちゃ供養」が行われ、参拝者にカボチャの煮物が振る舞われます。

制作:2012年11月
バックナンバー
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ