京都ツウのススメ

第四十八回 京友禅

[四季の彩りを鮮やかに染め上げる京友禅] 京都が誇る伝統技術・京友禅。時代を超えて愛される美しい染めの世界を、らくたびの佐藤理菜子さんが解説します。

京友禅の基礎知識

其の一、
国が指定する伝統工芸品のひとつで、江戸時代に考案された染色技術です
其の二、
筆で色を入れる「手描き友禅」と、型紙を使って模様を入れる「型友禅」があります
其の三、
仕上げに、金箔(きんぱく)や刺繍(ししゅう)を施す優美な意匠が特徴です

京友禅の歴史

江戸時代の元禄年間(1688~1704年)に、京都で活躍した扇絵師・宮崎友禅斎が確立したことから、「友禅染め」の名称が定着したとされています。当時は、奢侈(しゃし)禁止令というぜいたくを制限する法律が幕府から出されていたため、金や銀の刺繍や総絞り染めなどの豪華な着物が禁じられていました。そのなかで、絵筆で色鮮やかな図柄を描いた友禅染めの美しさが評判を呼び、裕福な町人の間に広がりました。奢侈禁止令が解かれた後は、それまでの友禅染めに金箔をはったり刺繍をしたりするなどの装飾が加わり、一層華やかなものへと発展します。

「友禅染め」は、京都・知恩院門前に住んでいた友禅斎の人気に注目した呉服屋が、小袖の図案(ひな形)を依頼したことから始まったといわれています

ココがツウ

職人による分業の世界

京友禅は、図案の製作から仕上げに至るまで20近くもの工程があり、各工程は、下絵描きや色挿(さ)しなど、専門技術を持った職人によって行われています。そのため、工程全体を悉皆(しっかい)屋と呼ばれる、プロデューサー的な役割の人が管理しています。悉皆屋は、注文主のイメージ通りに仕上げるため装飾の入れ方などを決めるとともに、大勢の職人に適切な指示を出し、必要に応じて調整を行います。徹底した分業制によって高められた技術が集結することによって、世界的に見ても非常に優れた染色技術を持つ京友禅は完成するのです。

[職人の技と美意識が凝縮 手仕事が育む伝統の美] 京友禅は、絵画のように自由に図柄を描く「手描き友禅」と、型紙で同じ柄を染める「型友禅」に大別できます。

伝統的な手描き友禅

図案家によって描かれた絵をもとに、白い生地に下絵を写し、図柄ごとに色を染め分けていきます。色使いの多彩さ、仕上がりの華やかさから、染色美術の最高級品と言われ、京都は今も日本有数の産地です。

ここに注目!

友禅染めの特色でもある多色染めのポイントとなるのが、色挿しと呼ばれる工程です。糸目糊(いとめのり)で絵の輪郭をなぞって、色が混ざらないようにした後、その内側に筆で丁寧に色を入れていきます。糊を洗い落とすと、その跡が白い線として残り、模様がはっきりと表現されます。

多色染めのポイント「色挿し」

手描き友禅の主な工程

1.地染め

生地のベースを染める作業。柄の部分に色が入り込まないようにする伏糊(ふせのり)をした後、広い面積を大きな刷毛(はけ)で塗っていきます。ムラのない美しい仕上がりは、まさに職人技。

2.水洗い(水元)

糊と余分な染料を水で洗い落とします。京都の川は良質の軟水だったので、明治時代以降は川で水洗いが行われていました。

かつては鴨川や堀川などで行われており、「友禅流し」と呼ばれる京都の風物詩でした。しかし、水質汚染が問題となり、昭和40年代半ばに姿を消しました

ココがツウ

友禅流し

3.金彩・刺繍

最後に金銀の箔を置いたり刺繍を施したりすることで、華やかで立体的な京友禅が完成します。

金銀の箔を置いたり刺繍を施す

型紙を用いる型友禅

型紙を使って図柄を染める「写し友禅(現在の型友禅)」は、明治時代初期に手描き友禅の名匠・広瀬治助によって考案されました。量産化が可能になったことで、庶民にも広く「友禅染め」が普及しました。小さな文様からなる「京小紋」も「型友禅」の一種です。

明治時代以降、従来の草木染めにはない発色の化学染料が輸入されるようになりました。これに糊を混ぜて色糊を作ったことで、型紙による多色染めが可能になりました

ココがツウ

型紙を使って図柄を染める「写し友禅」

ここに注目!

図柄や染め分ける色の数により、型紙の枚数が変わります。複雑な図柄になると1,000枚もの型紙が使われることも。

代表的な文様

御所車や扇など平安時代の文学をイメージさせる御所解き文様や、遠目にも映える図柄が好んで描かれます。

牛車をモチーフにした伝統文様「御所車」

御所車(ごしょぐるま)

牛車をモチーフにした京友禅を代表する伝統文様。品格の高さを表す文様として、振袖や留袖などに用いられます。

宮中で用いられた木製の扇をかたどった「檜扇」

檜扇(ひおうぎ)

宮中で用いられた木製の扇をかたどっています。優美な形と扇面の絵の美しさに加えて、末広がりの縁起の良い文様です。

複数の熨斗を和紙で束ねた文様「束熨斗」

束熨斗(たばねのし)

複数の熨斗を和紙で束ねた文様は気品があり華やか。吉祥文様として振袖などに好まれます。

京友禅に触れるスポット

創業450余年の技が一堂に 千總(ちそう)ギャラリー

江戸時代の小袖や図案集など、京友禅の老舗・千總が所有する貴重なコレクションを展示。併設ショップ「SOHYA TAS」は和小物の販売も。

  • 10時~19時 水曜休館
  • 075-221-3133(SOHYA TAS)
  • www.chiso.co.jp
  • 三条駅下車 西へ徒歩約20分

千總ギャラリー

制作:2012年3月
バックナンバー
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ