京都ツウのススメ

第三十四回 節分祭

[鬼を払って立春を迎える節分行事] 立春の前日「節分」には厄災を払う行事が行われてきました。節分祭について、らくたびの山村純也さんがご案内します。

節分祭の基礎知識

其の一、
立春の前日を「節分」と言い、厄払いの行事が行われます
其の二、
節分祭は、平安時代の宮中行事「追儺式(ついなしき)」に由来します
其の三、
京都では京都御所の鬼門を守る4社へお参りする「四方(よも)参り」の風習があります

節分のいわれ

「節分」は元々、季節の変わり目を意味し、立春・立夏・立秋・立冬の前日のことで1年に4回ありました。中でも長い冬が終わる立春は新しい1年の始まりとされ、次第に節分と言えば立春の前日のことを指すようになりました。平安時代、節分の頃は邪鬼が現れやすいと考えられたため、宮中では鬼を追い払う「追儺」という行事が行われていました。これが後に民間にも広がり、現在の節分の風習となりました。

京都の節分行事

古来より節分は新しい年を迎える行事として大切にされ、京都の社寺では趣向を凝らした節分行事が行われます。京都御所を中心にした四方の鬼門を守る4社(北野天満宮・吉田神社・壬生寺・八坂神社)へ参詣すると、1年を平穏に過ごせると言われています。中でも、平安京の鬼門を封じるために建立された吉田神社では、鉄の棒を振り回す鬼を払う追儺式「鬼やらい」が行われます。また、廬山寺では「鬼法楽」が、八坂神社では芸妓・舞妓による舞踊奉納や豆まきが行われます。

[節分の伝統行事]京都の社寺では開運厄除を願って様々な節分祭が行われます。

鬼やらい

吉田神社

宮中行事の原形をとどめる追儺式

鬼やらい(追儺式)では、鉄の棒を振り回して暴れる赤・青・黄の3匹の鬼の前に、黄金四つ目の仮面をつけた方相氏(ほうそうし)が立ちはだかって鬼を退治、上卿(しょうけい)・殿上人(てんじょうびと)が桃の弓で葦(あし)の矢を3本放って災厄を払います。

  • 2/2(水)~4(金)
    追儺式:2(水)18時
    火炉(かろ)祭:3(木)23時
  • 075-771-3788
  • www.yosidajinjya.com
  • 出町柳駅下車 東へ徒歩約20分

吉田神社の周辺地図

鬼やらいの様子

ココがツウ

疫神斎(えきじんさい)厄除けを意味するくちなし色のお札「疫神斎(えきじんさい)」が節分祭の3日間だけ授与されます

鬼法楽

廬山寺(ろざんじ)

ユーモラスな鬼おどりで厄除開運

開祖の元三(がんざん)大師が修行を妨害する鬼を退治したという故事にならう追儺式。たいまつやおのを持った赤・黒・青の鬼が踊りながら祈とうを邪魔しますが、追儺師や福娘に豆や餅を投げられて退散します。

  • 2/3(木)
    追儺式鬼法楽:15時
    豆まき:16時
  • 075-231-0355
  • www7a.biglobe.ne.jp/~rozanji/
  • 出町柳駅下車 南西へ、
    神宮丸太町駅下車 北西へ徒歩約15分

廬山寺の周辺地図

鬼法楽の様子

ココがツウ

廬山寺でまかれる豆は紅白の「蓬莱(ほうらい)豆」と言い、一粒ずつ食べると寿命が延び、福餅を食べると開運出世すると言われています

福豆まき

八坂神社

祇園さんの華やかな豆まき

4つの花街(祇園甲部・祇園東・先斗町・宮川町)の芸妓・舞妓さんによる、舞踊奉納と豆まきが行われます。

八坂神社の周辺地図

福豆まきの様子

  • 2/2(水)・3(木)
    舞踊奉納:2(水)・3(木)13時・15時
    舞楽奉納:2(水)14時
    今様奉納:3(木)11時
    豆まき:各奉納後に行われます
  • 075-561-6155
  • web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka
  • 祇園四条駅下車 東へ徒歩約5分

こんな節分行事も

[お化け]祇園一帯

節分に現れる鬼を普段とは違う格好をして驚かせ、追い払うという風習。古くは一般家庭で行われていましたが、現在は花街などに残るのみになり、この日祇園の花街では芸妓・舞妓さんの仮装姿が見られます。

  • 2/2(水)・3(木)
  • 祇園四条駅下車

芸妓・舞妓さんの仮装姿

<ポイント!>節分祭の主役たち 追儺式に登場する主な役柄を紹介します

鬼
鬼が嫌うヒイラギとイワシ

「ヒイラギのトゲ」と「イワシの匂い」は鬼が嫌うとされ、節分の夜、ヒイラギの枝に焼いたイワシの頭を刺したものを玄関などに飾り、魔除けにする風習があります。

ココがツウ

注連縄(しめなわ)にボラの頭とヒイラギを飾った平安時代の風習に由来するもので、鎌倉時代にイワシに変化したと言われます

心の中にひそむ悪い心の表れで、人間の苦しみの原因である毒素(貪欲・怒り・愚痴)などを象徴すると言われています。

方相氏

平安時代の宮中で鬼を払う役目を担った役人。童子(わらべ)を従え、四つ目の仮面をつけ、手に矛と盾を持って鬼を退治します。

上卿・殿上人

天皇の使者。桃の木で作った弓と葦の矢を持って方相氏を援護し、鬼を追い払います。

制作:2011年1月
バックナンバー
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ