京都ツウのススメ

第二十六回 夏越祓(なごしのはらえ)

[半年の厄を払う 茅の輪くぐりと水無月]1年の折り返しにあたる6月30日。京都の多くの神社で行われる夏越祓とこの日に欠かせない水無月についてらくたびの若村亮さんがご紹介します。

夏越祓の基礎知識

其の一、
毎年6月30日を中心に、神社で行われる厄払いの行事です
其の二、
茅の輪をくぐって半年の厄を払い、残りの半年の無病息災を願います
其の三、
京都ではこの行事に合わせ、「水無月」という和菓子を食べる風習があります

6月末日の宮中の伝統行事

6月と12月の末日に行われる大祓(おおはらえ)は、半年の厄を払い、次の半年を無病息災で過ごせるように祈願する日本古来の厄払いの行事です。6月の大祓は夏越祓と呼ばれ、この頃になると京都の多くの神社では境内に大きな茅の輪が設けられ、茅の輪くぐりが行われます。これは、日本神話に登場する説話で、旅の途中のスサノオノミコトを貧しい家ながら迎え入れた蘇民将来(そみんしょうらい)が、スサノオの教えに従って茅の輪を腰に付けたところ、疫病から逃れられ、子々孫々まで繁栄したという故事に基づく風習です。

京の夏越祓に欠かせない和菓子

京都ではこの日、厄除けのまじないに「水無月」という和菓子を食べる風習があります。かつて宮中では旧暦6月1日に「氷の節句」が行われ、氷を保存する氷室(ひむろ)から取り寄せた氷を口にして夏を健康に過ごせるよう祈りました。しかし、庶民にとっては氷は大変貴重だったことから、氷をかたどった三角形の生地に厄除けの小豆を散らした水無月が作られるようになり、現在では夏越祓の日の和菓子として親しまれています。

厄払いと無病息災の願いを込めて 夏越祓の参拝方法と水無月についてご紹介します。

左→右→左と3度くぐるのが基本

神社によって茅の輪のくぐり方は様々ですが、独特の神歌(かみうた)を唱えながら、左回り・右回り・左回りと8の字を描くように3度くぐるのが一般的な作法です。

くぐり方
神歌1番を唱えながら左足からまたいで輪をくぐり、左に回って元の位置に戻る。
神歌2番を唱えながら右足からまたいで輪をくぐり、右に回って元の位置に戻る。
神歌3番を唱えながら左足からまたいで輪をくぐり、左に回って元の位置に戻る。
左足からまたいで輪をくぐり、本殿の前まで進んで参拝する。
茅の輪くぐりの神歌
ココがツウ

茅の輪は茅葺(かやぶき)屋根などに使われる茅(チ・チガヤ)という植物で作られ、魔除けや災難除けの力があると考えられてきました

夏越祓の神事では、紙の人形に名前や年齢を書き、身体をなでて息を3回吹きかけて、罪やけがれを託します。作法にのっとり3度茅の輪をくぐった後、人形を奉納したり川に流すなどしてけがれを払います。

ココがツウ

蘇民将来をまつる八坂神社境内の疫神社では、祇園祭の最終日の7月31日に夏越祓が行われ、人形を奉納した後に「蘇民将来子孫也」と書かれた茅之輪護符が授与されます

6月末日の和菓子 水無月
沿線の夏越祓ガイド

期間中、茅の輪くぐりと人形流しが行われ、境内で授与される人形を禊(みそぎ)の小川に流して半年間の罪やけがれを払います。また7月1日(木)からは車の茅の輪くぐりが行われます。

[茅の輪くぐり] 6/25(金)~30(水)9時~16時
[車の茅の輪くぐり] 7/1(木)~7(水)9時~16時
[神事] 6/30(水)15時

  • 075-623-0846
  • www.jonangu.com
  • 中書島駅から市バス 19系統 城南宮下車すぐ、
    または市バス 南3系統 京阪バス 6系統
    京阪シティバス24(A)系統 城南宮東口下車
    西へ徒歩約5分

神事の後、宮司以下の神職に続いて参列者も茅の輪をくぐります。

[神事] 6/30(水)15時

  • 075-641-7331
  • inari.jp
  • 伏見稲荷駅下車 東へ徒歩約5分

期間中、茅の輪が設けられ、30日(水)の神事の後、貴船川に人形を流します。

[茅の輪くぐり] 6/25(金)~30(水)6時~20時
[神事] 6/30(水)15時

  • 075-741-2016
  • kibune.jp/jinja
  • 叡電貴船口駅から京都バス 貴船下車すぐ
制作:2010年5月
バックナンバー
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ