京都ツウのススメ

第二十五回 葵祭

華麗に繰り広げられる 平安王朝絵巻]年間300を超す祭礼があると言われる京都で最も古い祭りとして知られる葵祭。平安装束を身にまとった古式ゆかしい王朝行列をらくたびの佐藤理菜子さんがご案内します。

葵祭の基礎知識

其の一、
祇園祭・時代祭と並ぶ、京都三大祭のひとつです
其の二、
毎年5月15日に行われる賀茂社の例祭です
其の三、
祭りの一番の見所は華やかな行列が練り歩く「路頭(ろとう)の儀」です

よみがえる王朝風俗・葵祭

賀茂社(上賀茂神社と下鴨神社の総称)の例祭として知られる葵祭は、正式には「賀茂祭」と言います。祭りに奉仕する人や牛車(ぎっしゃ)を、神紋にかたどられている葵の葉で飾ることなどから、「葵祭」と呼ばれるようになったと言われています。祭りの起源は古く、飛鳥時代の欽明天皇の代に風水害による凶作が続いたため、賀茂の神々の怒りを鎮めるべく天皇の命により祭礼を行ったのが始まりとされています。平安時代には祭りと言えば葵祭を指し、『源氏物語』にもその様子が記されました。

 祭りの一番の見所は、きらびやかな平安装束をまとった行列が京都御所から下鴨神社、上賀茂神社へと向かう「路頭の儀」。行列は、天皇の使者である勅使(ちょくし)を中心にした本列と斎王代(さいおうだい)を中心とした斎王代列からなる、総勢約500人。約1kmに及ぶ行列が、新緑の都大路をあでやかに練り歩きます。

葵祭の行列 路頭の儀 下鴨・上賀茂両神社に到着すると勅使が供え物を届ける「社頭の儀」が行われます。「路頭の儀」は、その道中を彩る行列です。

近衛使代を最高位とする本列 本列

銀面を付けた馬にまたがる近衛使代

4列からなる本列は、6騎の騎馬を先頭に、検非違使(けびいし)など警護の列、内蔵寮史生(くらりょうのししょう)など天皇からの供え物を運ぶ列が巡行。続いて行列中の最高位である近衛使代を中心とした勅使列、勅使のお供で雅楽を演奏する陪従(べいじゅう)などの列が続きます。

ココがツウ

明治時代の東京遷都により京都御所には天皇が不在となりましたが、現在も東京から勅使が参列しています

斎王代を中心とする女人列 斎王代列

腰輿に乗る斎王代

斎王とは巫女(みこ)として神に奉仕した未婚の皇女のことで、現代ではその代役として「斎王代」が参列します。祭りのヒロインとして十二単(じゅうにひとえ)をまとい、腰輿(およよ)という輿(こし)に乗って、華麗な女官たちに続いて登場します。

ココがツウ

女人列の最後を飾る斎王代の牛車からは、十二単のすそがのぞいています。これを出衣(いだしぎぬ)と呼び、高貴な人の姿をすその部分で見せるという京の奥ゆかしさを表しています

行列コースと先頭通過予定時刻
路頭の儀
  • 5/15(土) ※雨天時は翌日
    行列出発:10時30分
  • 075-781-0010(下鴨神社)
  • shimogamo-jinja.or.jp
  • 京都御所:神宮丸太町駅・出町柳駅下車
    西へ徒歩約10分
  • 下鴨神社:出町柳駅下車 北へ徒歩約10分
  • 上賀茂神社:出町柳駅から京都バス 32・34~37系 統市バス 4系統 上賀茂神社前下車すぐ

※コースは変更される場合があります

行列を飾る「葵柱」

葵祭では葵と桂を飾ります。これは、賀茂社の祭神が誕生の際に発した「葵と楓(後に桂に変化)の飾りを作ってまつりなさい」(『年中行事秘抄』より)とのお告げに基づく風習と言われています。

ココがツウ

春に花を付ける双葉葵(ふたばあおい)は、賀茂社の祭礼に使われることから賀茂葵(かもあおい)とも呼ばれます。賀茂社を信仰した徳川家は、この葵を図案化した「三つ葉葵」を家紋にしています

葵祭写真提供:星野佑佳

ハレの日のごちそう 鯖ずし

葵祭の日、賀茂社の氏子や近隣の家庭の食卓には鯖ずしが並びます。京都では祭りの日や祝い事のある“ハレの日”に付きもののごちそう。かつて、貴重な海産物として珍重された鯖を、縁起をかついでめでたい日に食べようと、京の町衆が生んだ食文化のひとつです。

鯖街道 花折 下鴨店

下鴨神社のすぐそば。日本海産の真鯖を使った「鯖寿し」が人気のお店です。

  • 9時~18時 ※食事は15時30分(L.O.)まで
  • 075-712-5245
  • www.hanaore.co.jp
  • 出町柳駅下車
    北へ徒歩約10分
制作:2010年4月
バックナンバー
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ