京都ツウのススメ

第二十一回 京の幕末

[動乱の嵐が吹き荒れる! 幕末案内]攘夷か開国か?倒幕か佐幕か?維新前夜の京都を舞台に、若い命を賭けた幕末の志士たちの足跡を、らくたびの若村亮さんがご紹介します。

京の幕末の基礎知識

其の一、
天皇が住んでいた京都御所を中心に幕末の動乱が始まりました
其の二、
新選組や坂本龍馬をはじめ、多くの志士たちが上洛しました
其の三、
二条城で政権を朝廷に返す「大政奉還」が行われました

動乱の始まり

1853(嘉永6)年、アメリカからペリー率いる黒船が神奈川県浦賀に来航し、開国を迫りました。翌年にはロシアからプチャーチンが長崎に来航し、条約締結を求めました。迫り来る西洋列強に対する危機感から、外国人を武力で排斥しようという攘夷(じょうい)論が高まり、やがて天皇を尊ぶ尊王思想と結びついて、倒幕運動へと発展します。天皇が住んでいた京都は、天皇中心の政治を目指す倒幕派が集まるようになり、幕府を守ろうとする佐幕派との抗争の舞台となりました。

時代のうねり 大政奉還

様々な策略が渦巻く幕末の京都には、信念を持って抗争に身を投じる多くの志士たちが集いました。維新三傑と呼ばれる西郷隆盛・大久保利通・桂小五郎、京都の治安維持のために結成された新選組、薩長同盟成立に奔走した坂本龍馬ら、自らの命を惜しまぬ志士たちの闘いの果て、江戸幕府はついに終わりの時を迎えます。1867(慶応3)年10月14日、第15代将軍・徳川慶喜は二条城で大政奉還を表明。これにより265年続いた江戸時代は幕を閉じ、明治という新しい時代が誕生しました。

薩長同盟…薩摩藩と長州藩の間で締結された軍事同盟。

風雲急を告げる幕末維新の動乱 激戦地にもなった京都御所、大政奉還が行われた二条城など、維新の史跡と歴史を大きく動かした人物をご紹介します。

京都御所
  • 神宮丸太町駅・
    出町柳駅下車
    西へ徒歩約10分
ココがツウ

長州勢が猛攻をかけた蛤御門には、当時の弾痕と思われる傷跡が残っています

今も残る動乱のつめ痕

紫宸殿(ししんでん)を中心とする天皇のかつての住まい。激動の幕末は京都御所を中心に政局が展開。「猿ヶ辻の変」「蛤御門(はまぐりごもん)の変」など、歴史を揺るがす様々な事件が起こりました。

坂本龍馬 key person

土佐藩士。脱藩後、中岡慎太郎らとともに薩長同盟を成立させ、大政奉還の実現に尽力しましたが、1867(慶応3)年、京都・近江屋にて暗殺されました。

寺田屋
龍馬が定宿とした伏見の船宿

1862(文久2)年、薩摩藩の内紛の場となった寺田屋事件と、1866(慶応2)年、坂本龍馬が伏見奉行所の幕吏(ばくり)に襲撃され、後の妻・お龍(りょう)の機転によって難を逃れたというふたつの事件の舞台となりました。

  • 中書島駅下車 北へ徒歩約5分
ココがツウ

龍馬は河原町三条下ルに今も残る酢屋の2階に海援隊京都本部を置きました

倒幕vs佐幕

倒幕とは薩摩・長州藩を中心とする反幕府運動のこと。天皇に政治の実権を返すことを目標とし、これに外国勢力を武力で追い払う攘夷論が結びついたのが「尊王攘夷」です。一方、佐幕とは「幕府を補佐する」という意味。幕府の存続を支持し、倒幕派の反対勢力として佐幕派と呼ばれます。

桂小五郎(木戸孝允)
key person

長州藩士。京都の芸妓・幾松(いくまつ)との恋でも有名。長州藩の代表として薩長同盟を締結。明治維新後も活躍した幕末志士のひとり。

近藤勇
key person

新選組局長。京都守護職の下で土方歳三らとともに新選組を組織。尊王攘夷派の志士たちを弾圧しました。

沿線で起こった出来事 池田屋騒動 新選組の急襲撃の舞台

長州藩のクーデター計画を阻止すべく、1864(元治元)年、尊皇攘夷派の志士の密会を察知した近藤勇らは旅館・池田屋を襲撃し、有力者を討ち果たしました。

ココがツウ

池田屋騒動では三条大橋付近でも戦いが繰り広げられ、三条大橋の擬宝珠(ぎぼし)にはその時の刀傷が伝えられています

徳川慶喜 key person

江戸幕府第15代将軍にして最後の将軍。弱体化した幕府を立て直そうとしましたが叶わず、大政奉還を行い、新政府軍への江戸城無血開城を断行しました。

大政奉還 二条城
江戸幕府終焉の地

1867(慶応3)年、将軍・徳川慶喜は在京40藩の重臣を二条 城に集めて政権を朝廷に返す意を表明。翌日、朝廷がこれを受け入れ、歴史的な「大政奉還」が実現しました。

  • 地下鉄二条城前駅
    下車すぐ

写真提供:元離宮二条城事務所(二条城)、宮内庁京都事務所(京都御所)、国立国会図書館(桂小五郎・近藤勇)、
高知県立坂本龍馬記念館(坂本龍馬)、茨城県立歴史館(徳川慶喜)

制作:2009年12月
バックナンバー
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ