京都ツウのススメ

第二十回 京の梵鐘(ぼんしょう)

[京都に響く 梵鐘の音]日本三大梵鐘に数えられる知恩院の大鐘など、京都には深い歴史を秘めた数々の梵鐘が残っています。心を清める京の梵鐘を、らくたびの山村純也さんがご紹介します。

京の梵鐘の基礎知識

其の一、
仏教伝来とともに日本に伝わり、京都でも多くの梵鐘が造られました
其の二、
京都には、日本三大梵鐘のうちふたつ(知恩院・方広寺)があります
其の三、
知恩院の「除夜の鐘」は、暮れの風物詩のひとつとして親しまれています

時を知らせる梵鐘の音

梵鐘の「梵」は、サンスクリット語の「ブラフマン」に由来し、神聖・清浄を意味します。梵鐘はインドや中国を経て、仏教とともに日本に伝来。仏教法具として宗教儀式に用いられてきました。やがて朝夕など、法要の始まる「時」を知らせる道具となり、その厳かな響きで寺院と庶民をつなぐ大切な役割を担うようになりました。ちなみに、寺で日(太陽)の動きを見て、時刻を知らせたことから、「日」+「寺」で「時」という漢字ができたとも言われています。

京都の名鐘

日本最大級の知恩院の大鐘、豊臣家滅亡の引き金となった方広寺の梵鐘など、京都には歴史的な名鐘が数多く残っています。このふたつに、奈良県・東大寺の梵鐘(国宝)を加えたものが、一般に日本三大梵鐘と呼ばれています。このほか、右京区花園の妙心寺には約1300年前の鋳造という日本最古の「黄鐘調(おうじきちょう)」や、高雄・神護寺の「三絶の鐘」(ともに国宝)など、その音色・姿形・銘文から名鐘と誉れ高い梵鐘が市内各所に点在しています。

深い歴史を秘めた京の梵鐘 京都でも特に有名な、知恩院・方広寺・平等院の梵鐘を紹介します。

知恩院 祇園四条
迫力ある大鐘

1636(寛永13)年に鋳造された鐘。高さ約3.3m、口径約2.2m、厚さ0.3mという日本最大級のもので、戦時中に供出を迫られた時も、大き過ぎて持ち出せなかったという逸話が残ります。この鐘が響くのは4月に行われる法然上人(ほうねんしょうにん)の御忌大会(ぎょきだいえ)と大みそか、そして同院で行われる成人式の年3回です。

  • 9時~16時(受付)
  • 境内無料 庭園:大人300円・小中生150円
  • 075-531-2111 www.chion-in.or.jp
  • 祇園四条駅下車 東へ徒歩約15分
ココがツウ

1922(大正11)年、相対性理論で知られるアインシュタインは、鐘の下では音の波が打ち消し合って無音になるかどうか、知恩院の鐘をついて実験をしました

歴史揺るがした「国家安康の鐘」

1614(慶長19)年に、豊臣秀吉の嫡男・秀頼により造られた梵鐘。鐘の表面に刻まれた銘文中に「国家安康(こっかあんこう)」「君臣豊楽(くんしんほうらく)」の文字があるのを知った徳川家康は、「家康の名が引き裂かれている」と激怒。この事が大坂冬の陣のきっかけとなり、豊臣家の滅亡を加速させたと言われています。

  • 9時~16時
  • 境内無料 本堂:大人200円・中学生以下100円
  • 七条駅下車 北東へ徒歩約10分
ココがツウ

方広寺の北東に鐘鋳(かねい)町という地名があり、この鐘はここで造られたと言われています

方広寺 七条
平等院 宇治
「姿の平等院鐘」と呼ばれる国宝

平安時代を代表する梵鐘として知られ、現在は平等院ミュージアム鳳翔館で見ることができます。日本の梵鐘の中でもとりわけ華麗な装飾文様を施したものとして知られ、神護寺の「銘の神護寺鐘」(または、奈良県・東大寺の「勢の東大寺鐘」)、滋賀県・三井寺の「声の園城寺鐘」と並び、日本三名鐘のひとつに数えられています。

  • 8時30分~17時15分(受付)
    ※鳳翔館は9時~16時45分(受付)
  • 大人600円・中高生400円・小学生300円
  • 0774-21-2861 www.byodoin.or.jp
  • 宇治駅下車 南へ徒歩約10分
ココがツウ

平等院の梵鐘は、かつて鳳凰堂南側の池のほとりに建つ鐘楼にかけられていました

除夜の鐘

1年の最後の夜を「除夜」と言い、この時つく鐘が「除夜の鐘」です。人間が持つと言われる108の煩悩を除くため、鐘は108回つかれます。知恩院では、親綱・子綱を引く17人の僧侶が「えーいひとつ」「そーれ」の掛け声で1分間に1回打ち鳴らします。そのダイナミックなつき方と重厚な音は人々を圧倒し、毎年約3万もの人が訪れます。

鐘の音とともに新年を迎えませんか?

各寺の除夜の鐘 12/31(木)

  • 知恩院 22時40分頃 ※見学のみ
  • 方広寺 23時50分 先着順(108つまで)
  • 平等院 23時30分 先着順
制作:2009年11月
バックナンバー
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ