京都ツウのススメ

第十六回 京のお盆行事

[先祖の精霊を迎える六道まいり]8月に入ると、京都市東山区の六道皇寺では精霊を迎える六道まいりが行われます。精霊送りとともに、大切に受け継がれてきた「迎え」の行事を、らくたびの若村亮さんがご紹介。

京のお盆行事の基礎知識

其の一、
京都では、先祖の精霊を「お精霊(しょらい)さん」と呼びます
其の二、
精霊を迎える伝統行事のひとつが、「六道まいり」です
其の三、
精霊を再び冥土へ送りと届けるため、五山送り火が行われます

京のお盆

お盆は、正しくは「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言い、その語源はサンスクリット語の「ullambava(ウランバナ)」(逆さづりの意:地獄で受ける苦しみのひとつ)に由来すると言われています。8月13日に家に迎えたお精霊さんを、16日の夜、五山送り火とともに再び冥土へ見送ります。昔からの風習が残る京都では、六道まいりや万灯会(まんとうえ)などのお盆行事が行われ、夜には献灯や提灯(ちょうちん)の明かりがともり、幻想的な雰囲気が漂います。

六道の辻と六道まいり

六道とは、死者が生前の行いにより導かれる6つの世界(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上)を指し、その分岐点となる冥土の入り口を「六道の辻」と呼びます。ちょうど六道珍皇寺の付近は、平安時代より葬送地・鳥辺野(とりべの)への通路にあたり、この世とあの世の境界、つまり「六道の辻」とされ、この寺の鐘をついてお精霊さんをお迎えする「六道まいり」の信仰が広まりました。付近の寺では地獄絵の展示や説法も行われ、お参りに訪れる人の波が早朝から夜遅くまで続きます。

鐘の音に先祖を迎える気持ちを込めて・・・ 六道まいり 古くから冥土の入り口とされた「六道の辻」。その傍らにある六道珍皇寺などで行われるお盆行事。参詣者は参道で高野槇(こうやまき)を買い求め、先祖の戒名(かいみょう)を書いてもらった水塔婆(みずとうば)を水回向(みずえこう)にて供養し、迎え鐘をついてお精霊さんをお迎えします。

高野槇 参道で買えます

高野槇には、迎え鐘によりこの世に戻って来るお精霊さんが乗り移ると言われています。

ココがツウ

アンテナのような放射状の形をした高野槇は、霊魂が宿る依代(よりしろ)として先祖の霊を家に運びます

ほおずき
お盆の飾りとして、高野槇とともに売られています。袋状の果実がだいだい色に熟すことから、古くより提灯に見立てられ、お盆には枝付きで飾る風習が残っています。

水塔婆 先祖を思い浮かべながら水回向を行います

先祖の戒名を水塔婆に書いてもらい、それを持って迎え鐘をつきます。線香の煙で清めた後、境内奥の「賽(さい)の河原」に奉納します。

ココがツウ

高野槇の葉で水をかけて行う水回向は、御霊(みたま)を浄水で清め、浄土再生を願う儀式とも言われています

迎え鐘 心を込めてつきましょう

鐘の音に誘われて、お精霊さんが現世に戻ってくると言われています。迎え鐘は四方を壁に囲まれた鐘楼の中にあり、外からは見えません。手前に綱を引いてつくのが特徴です。

ココがツウ

迎え鐘の音は十万億土(この世と極楽の間にある無数の世界)の果てまで響くと言われています

六道珍皇寺 小野篁の「冥界伝説」が残る

門前には「六道の辻」の石碑が建っています

平安時代に創建され、その後建仁寺の塔頭(たっちゅう)となりました。地獄の閻魔(えんま)大王に仕えたという小野篁の伝説で知られ、境内にはあの世へ行くのに使ったと言う「冥土通いの井戸」が残されています。六道まいりの期間は閻魔堂の扉が開かれ、「閻魔大王坐像」とともに「小野篁立像」が見られます。

六道まいり

  • 8/7(金)~10(月)
    6時~23時
    ※10日は22時まで
  • 075-561-4129
  • 清水五条駅下車
    北東へ徒歩約15分
西福寺

嵯峨天皇の皇后・檀林(だんりん)皇后の亡骸(なきがら)が次第に崩れ、土にかえる様子を描いた「檀林皇后九相図絵」や地獄絵図「六道十界図絵」が公開されます。

  • 8/8(土)~10(月) 7時~21時
  • 075-551-0675
  • 清水五条駅下車 北東へ徒歩約15分

檀林皇后九相図絵

明かりが揺らめく堂内

六波羅蜜寺萬会 送り火の原型とも

夜になると数多くの灯明を人形(ひとがた)文字「大」の形に点灯し、お精霊さんをお迎えします。

  • 8/8(土)~10(月) 20時~21時頃
    16(日)18時~19時頃
  • 075-561-6980 www.rokuhara.or.jp
  • 清水五条駅下車 東へ徒歩約10分
大文字五山送り火 晴霊を送る

お盆に迎えたお精霊さんを、再び天上へ送り届けるため、夜空に向かって火をたき、あの世へ通じる道を明るく照らします。

  • 8/16(日) 20時
制作:2009年7月
バックナンバー
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ