アートコレクション 京阪に乗って美術館・博物館へ

特集展示

新発見!なにわの考古学2017

大阪歴史博物館

2017年8月30日(水)~11月13日(月)

大坂城下町跡で見つかった古代の銭(上2点:隆平永宝、下:唐国通宝とX線写真)
奈良~平安時代 中央区大坂城下町跡出土 大阪文化財研究所保管

中世の大溝から出土した土器群
戦国時代 住吉区住吉行宮跡出土 大阪文化財研究所保管

江戸時代の骨細工に用いたスイギュウの角
17世紀中~後葉 中央区大坂城下町跡出土 大阪文化財研究所保管

大阪歴史博物館では、特集展示「新発見!なにわの考古学2017」が開催されます。

今回は、大阪文化財研究所が行った平成28年度の遺跡発掘調査を、約300点の出土資料と発掘現場の写真パネルで紹介。大坂城下町跡で見つかった古代の銭や、戦国時代の堀から発見された茶の湯道具や土器、茶わん類、そして江戸時代の町屋跡から見つかった骨細工に用いられたスイギュウの角など、昔の人々の暮らしや文化、大坂と他の街や海外との交流を示す多彩な品々が登場します。

会期中には研究者による講演会も開催されます。
大阪の街下に眠る歴史について、出土資料を通して触れることができる貴重な機会です。

展示会情報
会場 大阪歴史博物館
会期 2017年8月30日(水)~11月13日(月)
開館時間 9時30分~17時
※入館は閉館30分前まで
休館日 火曜
料金 大人600円・高校生・大学生400円
(540円・360円/20名以上)
住所 大阪市中央区大手前4-1-32
Googleマップで見る
アクセス 天満橋駅のりかえ地下鉄谷町四丁目駅下車 東へすぐ
お問い合わせ先 06-6946-5728

展示会情報一覧

京阪沿線 Art Collectionトップへ

おけいはん.ねっとトップへ

ページの先頭へ