アートコレクション 京阪に乗って美術館・博物館へ

絹谷幸二 色彩とイメージの旅

京都国立近代美術館

2017年8月22日(火)~10月15日(日)

《光輝龍王二条城》 2017年

《アンセルモ氏の肖像》 1973年 東京国立近代美術館蔵

《喝破》 2015年

日本の美術界において現在第一線で活躍している画家・絹谷幸二を特集した展覧会が、京都国立近代美術館で開催されます。

奈良県出身の絹谷は、東京藝術大学美術学部油画科を卒業後、壁画の道へ進みました。1971年にはイタリアへ留学し、ヴェネツィアでアフレスコ古典画(いわゆるフレスコ画)の技法を研究。1974年には、日本の絵画賞でも難関とされる安井賞を受賞しました。現在では、アフレスコの第一人者として全国各地で壁画や天井画などのパブリックアートを制作するほか、絵本の出版、TV番組の出演など積極的に活動を続けています。

今回の展覧会では、『アンジェラと蒼い空II』『アンセルモ氏の肖像』といった絹谷の初期から現在までの代表作の数々のほか、素描や陶芸、ガラス作品などの立体物まで、絵画だけに留まらない絹谷幸二の多彩な作品を紹介。今回のために制作された京都をテーマにした新作シリーズや初公開作品の展示や、絹谷作品の世界観を映像化した壮大な3面スクリーンの映像作品も特別出品されます。

色彩豊かで生命のエネルギーに満ち溢れた、絹谷幸二の世界を全身で体感できる展覧会です。

展示会情報
会場 京都国立近代美術館
会期 2017年8月22日(火)~10月15日(日)
開館時間 9時30分~17時
※金曜、土曜は21時まで開館
※入館は閉館30分前まで
休館日 月曜(祝・休日の場合は翌日)
年末・年始
料金 一般1,400円・大学生900円・高校生500円
(1,200円・700円・300円/20名以上)
住所 京都市左京区岡崎円勝寺町
Googleマップで見る
アクセス 神宮丸太町駅下車 南東へ徒歩約20分
地下鉄東山駅下車 北へ徒歩約10分
お問い合わせ先 075-761-4111

展示会情報一覧

京阪沿線 Art Collectionトップへ

おけいはん.ねっとトップへ

ページの先頭へ