アートコレクション 京阪に乗って美術館・博物館へ

ゴッホ展

巡りゆく日本の夢

京都国立近代美術館

2018年1月20日(土)~3月4日(日)

フィンセント・ファン・ゴッホ 《ポプラ林の中の二人》 1890年
シンシナティ美術館蔵(メアリー・E・ジョンストン遺贈)

フィンセント・ファン・ゴッホ 《画家としての自画像》 1887/88年
ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵
© Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

フィンセント・ファン・ゴッホ 《種まく人》 1888年
ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵
© Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

フィンセント・ファン・ゴッホ 《花魁(溪斎英泉による)》 1887年
ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵
© Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

京都国立近代美術館にて、ゴッホと日本の相互関係をテーマとした展覧会が開催されます。オランダのファン・ゴッホ美術館との本格的な共同プロジェクトとしては、日本初となります。

この展覧会は、ファン・ゴッホと日本の相互関係についてを2部構成で紹介します。
1部では、展示作品を通じ、ゴッホが日本美術から受けた影響を辿ります。
ゴッホといえば、日本美術の影響を受けたことは有名な話。彼は自ら浮世絵の蒐集や模写を積極的に行うことにより、独特の鮮やかな色彩感覚や大胆な画面構成を確立していったとされています。
展示作品には、ファン・ゴッホ美術館をはじめとする世界の名だたる美術館が所蔵するゴッホの代表作、あまり一般公開されていない個人蔵の作品まで、約50点が登場します。

2部は、逆にゴッホの作品に影響を受けた日本の芸術家たちにスポットが当てられます。
ゴッホが没した町である、フランスのオーヴェールに住んでいたゴッホの友人・ガシェ氏の元には、ゴッホの足跡を辿って多くの日本人が訪れました。
今回、ガシェ氏を訪ねた日本人の名を記録した3冊の「芳名録」が日本では初公開されます。併せて、佐伯祐三など実際にガシェ氏を訪問した日本人画家による作品や、日本画家・橋本関雪がガシェ氏を訪ねた際の様子を記録した映像など、貴重な関連資料が多数紹介されます。

時代も国境も超えて惹かれあったゴッホと日本美術のつながりに、さまざまな角度で触れられる貴重な機会です。

展示会情報
会場 京都国立近代美術館
会期 2018年1月20日(土)~3月4日(日)
開館時間 9時30分~17時
※金曜、土曜は20時まで開館
※入館は閉館30分前まで
休館日 月曜(休日の場合は翌日)
料金 一般1,500円・大学生1,100円・高校生600円
(1,300円・900円・400円/20名以上)
住所 京都市左京区岡崎円勝寺町
Googleマップで見る
アクセス 神宮丸太町駅下車 南東へ徒歩約20分
地下鉄東山駅下車 北へ徒歩約10分
お問い合わせ先 075-761-4111

展示会情報一覧

京阪沿線 Art Collectionトップへ

おけいはん.ねっとトップへ

ページの先頭へ