アートコレクション 京阪に乗って美術館・博物館へ

明治150年展

明治の日本画と工芸

京都国立近代美術館

2018年3月20日(火)~5月20日(日)

トーマス・B・ブロー《花蝶図輪花皿》明治~大正時代
陶、色絵金彩 京都国立近代美術館

竹内栖鳳《羅馬古城図》明治34年(1901)
絹本墨画淡彩 京都国立近代美術館

森寛斎《鵞鳥》明治時代
絹本着色 京都国立近代美術館

安藤緑山《仏手柑》大正~昭和時代
象牙着色 京都国立近代美術館

2018年は、明治維新から150年目という節目の年にあたります。これを機に、明治時代の工芸品を集めた展覧会が、京都国立近代美術館で開催されます。

明治時代は海外で日本美術への関心が高まった時期でもあったことから、明治政府は美術工芸品の海外輸出振興のため、時代に即した美術工芸品を生み出すべく、国家戦略として工芸図案指導に力を注ぎました。
京都では、陶工や金工の名工たちが輸出用の工芸品生産を始めるとともに、竹内栖鳳(たけうちせいほう)や幸野楳嶺(こうのばいれい)、森寛斎(もりかんさい)など、画壇で活躍する多くの日本画家たちが工芸図案の制作に携わりました。結果、他に類を見ないほどの優れた美術工芸品が多数生み出されたのです。

展覧会では、『温知図録(おんちずろく)』を始めとする明治時代に制作された工芸図案集とともに、京都で活躍した日本画家による工芸図案や絵画作品、七宝の並河靖之(なみかわやすゆき)や彫刻の安藤碌山(あんどうろくざん)など、当時を代表する作家による工芸品の数々が一堂に展示されます。

近代化し、大きく社会が変化する時代の中で生み出された、超絶技巧の美術品を堪能できます。

展示会情報
会場 京都国立近代美術館
会期 2018年3月20日(火)~5月20日(日)
開館時間 9時30分~17時
※金曜、土曜は20時まで開館
※入館は閉館30分前まで
休館日 月曜(ただし、4月30日は開館)
料金 大人1,000円・大学生500円
(800円・400円/20名以上)

夜間割引 大人800円・大学生400円
※金曜、土曜 17時以降
住所 京都市左京区岡崎円勝寺町
Googleマップで見る
アクセス 神宮丸太町駅下車 南東へ徒歩約20分
地下鉄東山駅下車 北へ徒歩約10分
お問い合わせ先 075-761-4111

展示会情報一覧

京阪沿線 Art Collectionトップへ

おけいはん.ねっとトップへ

ページの先頭へ