アートコレクション 京阪に乗って美術館・博物館へ

ウッドワン美術館コレクション

絵画の愉しみ、画家のたくらみ

−日本近代絵画との出会い−

京都文化博物館

2017年10月3日(火)~12月3日(日)

岸田劉生「毛糸肩掛せる麗子肖像」1920年

黒田清輝「木かげ」1898年

上村松園「舞仕度」1914年

横山大観「羅浮仙」1919年

「展覧会に行っても、絵の見方がわからない…」という方にこそおすすめ!の展覧会が、京都文化博物館で開催されています。

展覧会では、良質な美術コレクションで知られるウッドワン美術館(広島県)の所蔵品から日本の近代絵画を中心に86点をピックアップ。これらを歴史、人物、風景など描かれた題材や描き方の違いなどのテーマごとに分けて展示しています。作品とともに絵を見るときのちょっとしたコツや注目すべきポイントも一緒に紹介されているので、アート初心者さんも安心して楽しめる構成となっています。
作品は、横山大観、上村松園、黒田清輝、岸田劉生といった日本近代絵画の巨匠たちによる名品なので、目の肥えた美術好きさんも満足できる贅沢な内容です。

美術に興味がないわけではないけど、ちょっと敷居が高いと感じている方も、この機会に展覧会や絵画の世界を体験してみてはいかがでしょうか?

展示会情報
会場 京都文化博物館
会期 2017年10月3日(火)~12月3日(日)
開館時間 10時~18時
※金曜は19時30分まで
※入場は閉室30分前まで
休館日 月曜(10月9日は除く)、10月10日(火)
料金 大人1,300円・高大生900円・小中生400円
(1,100円・700円・300円/20名以上)
住所 京都市中京区三条高倉
Googleマップで見る
アクセス 三条駅下車 西へ徒歩約15分
地下鉄烏丸御池駅下車 南東へ徒歩約5分
お問い合わせ先 075-222-0888

展示会情報一覧

京阪沿線 Art Collectionトップへ

おけいはん.ねっとトップへ

ページの先頭へ