アートコレクション 京阪に乗って美術館・博物館へ

開館40周年記念展

トラベラー

まだ見ぬ地を踏むために

国立国際美術館

2018年1月21日(日)~5月6日(日)

ロバート・ラウシェンバーグ《至点》1968年 国立国際美術館蔵
© Robert Rauschenberg Foundation
提供:NTT InterCommunication Center [ICC]

アローラ&カルサディーラ《Lifespan》2014年 国立国際美術館蔵
© Allora & Calzadilla; Courtesy Lisson Gallery

2017年で開館40周年を迎えた国立国際美術館。これを記念し、展示室だけでなくエレベーター前の廊下など美術館のスペースすべてを会場にした、現代美術の大規模な特別展が開催されます。

展示作品のジャンルは多種多様。絵画や彫刻はもちろん、写真、映像、パフォーマンス作品も出品されます。なかには、会期を通じて継続的に展開するといったライブ感のある作品や、鑑賞者が自ら参加できるインタラクティブな作品も登場します。また、幻の大作であるロバート・ラウシェンバーグの「至点」や、美術館のコレクションから現代の作家がインスピレーションを受けて新たに制作したコミッションワークによる新作なども展示されます。

40年という時間の積み重ねによって育まれた美術館のコレクションと、美術館の未来を感じる新しい試みの作品が融合。国立国際美術館の過去から未来までを旅する感覚で楽しめる展覧会です。

展示会情報
会場 国立国際美術館
会期 2018年1月21日(日)~5月6日(日)
開館時間 10時~17時
金曜・土曜は10時~20時
※入場は閉館30分前まで
休館日 月曜(祝・休日を除く)、2月13日(火)
料金 一般1,200円・大学生800円
(900円・550円/20名以上)

夜間割引料金
(対象時間:金曜・土曜の17時~20時)
一般1,000円・大学生700円

リピーター割引料金
(本展使用済み観覧券を持参すると、2回目以降は特別料金で観覧できる)
一般600円・大学生400円

無料観覧日
2018年3月31日(土)
住所 大阪市北区中之島4-2-55
Googleマップで見る
アクセス 渡辺橋駅下車 南西へ徒歩約5分
お問い合わせ先 06-6447-4680(代)

展示会情報一覧

京阪沿線 Art Collectionトップへ

おけいはん.ねっとトップへ

ページの先頭へ