アートコレクション 京阪に乗って美術館・博物館へ

沿線の展示会情報

生誕120年

東郷青児展

夢と現(うつつ)の女たち

あべのハルカス美術館

2018年2月16日(金)~4月15日(日)

《パラソルさせる女》 1916年 一般財団法人 陽山美術館

《山の幸》 1936年 シェラトン都ホテル大阪

《望郷》 1959年 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

甘く憂いを秘めた表情の女性像で人気を得た昭和の画家・東郷青児。その生誕120年を記念した展覧会があべのハルカス美術館で開催されます。

東郷青児は、19歳で発表した『パラソルさせる女』で画壇デビュー。日本最初期の前衛画家として注目されました。その後、フランス・パリに渡り、キュビスムの提唱者であるピカソらと交流を深めました。帰国後はフランス仕込みのセンスを最大限に生かし、絵画のほか、本の装丁や挿絵、雑誌の表紙や広告デザイン、百貨店の装飾壁画の制作など、多彩なジャンルで活躍。文豪・川端康成や美人画で名高い藤田嗣治といった幅広い交友関係、恋多き私生活などでも注目を集めました。

この展覧会では、代表作約60点を中心に、写真や出版物といった関連資料を交え、東郷青児の画業が紹介されます。
陶器のような白い肌に、どこまでも静かな表情。清らかさと官能性が共存し、ミステリアスな魅力を放つ東郷の女性像は「青児美人」とも呼ばれ、昭和モダンを代表する美のアイコンとして、現在も多くのファンがいます。

大衆に愛され続ける芸術を追求し続け、比類ない女性像を生み出した東郷青児の魅力と、その秘密に迫る展覧会です。

展示会情報
会場 あべのハルカス美術館
会期 2018年2月16日(金)~4月15日(日)
開館時間 10時~20時
※月曜・土曜・日曜・祝日は、18時まで開館
※入館は閉館30分前まで
休館日 2月19日(月)、26日(月)、3月5日(月)、4月2日(月)
料金 大人1,300円・高大生900円・中小生500円
(1,100円・700円・300円/15名以上)
住所 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
あべのハルカス16階
Googleマップで見る
アクセス 淀屋橋駅または天満橋駅のりかえ地下鉄天王寺駅下車 南へ徒歩約5分
京橋駅のりかえJR天王寺駅下車 南へ徒歩約5分
お問い合わせ先 06-4399-9050
(10時~18時)

ページの先頭へ

展示会情報一覧

京阪沿線 Art Collectionトップへ

おけいはん.ねっとトップへ

ページの先頭へ