沿線おでかけ情報

京阪沿線の名橋を渡る vol.26

京阪沿線の名橋を渡る シリーズ26

東福寺 通天橋(とうふくじつうてんきょう)

思索的な空間性に富んだ木造廊橋。
その橋上から見た四季の絶景に忘我する。若一光司

京都五山の一つである東福寺に関する文章の中で、「東福寺の伽藍面(がらんづら)」という表現に出会うことがある。最初はその「伽藍面」という言葉の意味がわからなかったが、やがて、「大徳寺の茶面(ちゃづら)」「南禅寺の武家面(ぶけづら)」といった表現もあることを知り、ようやく「禅面(ぜんづら)」というものを理解した次第だ。

禅面とは、京都の臨済宗大本山の特徴を表した呼び名のことである。大徳寺が「茶面」と呼ばれるのは、千利休が帰依して以来、茶の湯文化と深い関わりを持ってきたからであり、南禅寺が「武家面」と呼ばれるのは、足利義満や徳川家康など、武家の篤(あつ)い信仰を得てきた寺院だからである。

それ以外にも、詩文芸術に秀でた禅僧を多く輩出した建仁寺は「学問面(がくもんづら)」と評され、徹底した組織運営で臨済宗第一の大教団を形成した妙心寺は、「算盤面(そろばんづら)」と呼ばれてきた。

ではなぜ、東福寺が「伽藍面」と呼ばれて来たかというと、鎌倉時代に摂政関白・九条道家が19年もの歳月をかけて創建した東福寺には、幾つもの大伽藍が甍(いらか)を並べ、その寺容がまさしく、圧倒的な壮観を誇っていたからに他ならない。

現在でも、威風堂々たる佇(たたず)まいで国宝となっている日本最古の三門や、昭和期木造建築では日本最大級となる本堂、それに、日本最大にして最古の禅宗式東司(とうす)(=御手洗)などから、東福寺のかつての「伽藍面」を偲(しの)ぶことができる。

しかし、そうした伽藍面とはまた異なる意味で、「東福寺らしさ」を大いに感じさせてくれるのが、主要伽藍の北側を流れる渓谷(洗玉澗[せんぎょくかん])に架かる、「東福寺三名橋」だ。

これらの三名橋は、下流から、臥雲橋(がうんきょう)、通天橋、偃月橋(えんげつきょう)の順で架かっている。京都府指定重要文化財である臥雲橋も、日本百名橋に選出されている偃月橋も、それぞれに格調高い魅力的な橋なのだが、三名橋の中でも特に有名なのが、京都を代表する紅葉スポットにもなっている通天橋だろう。

方丈と常楽庵(じょうらくあん)(開山堂)を結ぶ通天橋は、長さ約27mの木造廊橋(屋根付き橋)で、幅は約2.7m。約10.5mの高さを持つこの廊橋の周辺には、2千本以上の楓が繁茂し、それが一斉に紅葉する様は、超絶的な美しさで見る者の胸を打つ。

しかし、通天橋からの景観を堪能できるのは、決して紅葉期だけではない。春には一面の新緑、夏には青楓の広がりが、雲上界のごとき世界を体感させてくれるし、枯木立越しに相貌をあらわす洗玉澗の眺めも、冬ならではの絶景だ。

通天橋は、谷を渡る労苦から僧を救おうと、普明国師(ふみょうこくし)(春屋妙葩[しゅんおくみょうは])が室町時代に架けたもので、南宋の名高き禅の修行場である径山の橋を模したと伝えられる。廊橋入口に掲げられた「通天橋」の扁額(へんがく)も、普明国師の筆によるものだ。

天災で崩壊したりして何度も架け替えられてきたが、現在の通天橋は、1961(昭和36)年に再建されたもの。橋脚部分が初めて鉄筋コンクリート化されたことで、紅葉見物に訪れる参拝者の多さにも、十分耐えられるようになった。

東福寺 通天橋(とうふくじつうてんきょう)
◆ 京都市東山区本町15-778
◆ 東福寺駅下車 南東へ徒歩約10分

開山である聖一(しょういち)国師を祀(まつ)る常楽庵に通じる橋なので「通天橋」と名付けられた、と思われがちだが、日常のあらゆる所作を修行と考える禅宗においては、「通ずるべき天」もまた、自らの心のうちに見出すべきものなのかもしれない。

日々の慌ただしさの中で見失いかけていたものの多さに、ふと気づかされる、思索的な空間性に富んだ名橋である。

東福寺 通天橋付近をのんびり散策

map

  • 新熊野神社(いまくまのじんじゃ)
    新熊野神社(いまくまのじんじゃ)

    1160(永暦元)年、後白河上皇によって創建。境内のクスノキは上皇のお手植えと伝わります

  • 伏水街道(ふしみかいどう)第二橋
    伏水街道(ふしみかいどう)第二橋

    かつて伏見(伏水)街道に架けられていた橋のひとつ。現在、川はなくなりましたが、橋の柱は移設され残されています

  • 泉涌寺(せんにゅうじ)
    泉涌寺(せんにゅうじ)

    皇室ゆかりの寺院で「御寺(みてら)」とも言われます。初夏は涼しげな新緑が楽しめます

  • 芬陀院(ふんだいん)
    芬陀院(ふんだいん)

    東福寺の塔頭。雪舟作と伝わる、鶴島と亀島のふたつの石組みがある枯山水庭園が有名で、別名・雪舟寺とも呼ばれています

  • 東福寺 三門
    東福寺 三門

    室町時代に足利義持によって再建されました。現存する禅宗寺院の三門としては日本最古のもので、国宝に指定されています

麺道楽 大

めんどうらく だい

コシが強めの多彩なうどんが地元で愛される一軒。うどんのだしをベースにした親子丼が人気で、京都府・美山町の卵や九条ネギをぜいたくに使っています。夜は串かつを中心とした一品が楽しめます。

  • 11時30分~15時
    18時~22時
    不定休
  • 075-532-1919
  • 京都市東山区今熊野池田町4-14
  • 東福寺駅下車 北東へ徒歩約10分
おすすめメニュー・店内写真 おすすめメニュー・店内写真

ニシダや

1936(昭和11)年創業の漬物店。初代が考案した、名物のしば漬け「おらがむら漬け」は、酸味をおさえ、パリパリとした食感が楽しめるように仕上げられています。大原女をあしらったノスタルジックな包装紙もお土産にぴったり。

  • 9時~17時
  • 075-561-4740
  • 京都市東山区今熊野池田町6
  • 東福寺駅下車 北東へ徒歩約10分
おすすめメニュー・店内写真 おすすめメニュー・店内写真

DRAGON BURGER

ドラゴンバーガー

町家を改装した空間で、日本をイメージした創作バーガーが味わえるお店。漬物や万願寺とうがらし、九条ねぎなど京都らしい素材を取り入れた6種類のハンバーガーがそろいます。テイクアウトもOK。

  • 8時~22時30分(L.O.)
    不定休
  • 075-525-5611
  • 京都市東山区本町13-243
  • 東福寺駅下車 南東へすぐ
おすすめメニュー・店内写真 おすすめメニュー・店内写真
制作:2018年6月
価格・営業時間・電話番号等が変更される場合がありますので、
おでかけ時には、ご確認くださいますようお願い申し上げます。
バックナンバー
シリーズ26 東福寺 通天橋(とうふくじつうてんきょう)
シリーズ25 上賀茂神社 橋殿(はしどの)
シリーズ24 喜撰橋(きせんばし)
シリーズ23 星のブランコ
シリーズ22 泰平閣
シリーズ21 水晶橋
シリーズ20 法成橋
シリーズ19 流れ橋(上津屋橋)
シリーズ18 天ヶ瀬吊り橋
シリーズ17 中立売橋
シリーズ16 近江大橋
シリーズ15 第11号橋
シリーズ14 渡月橋
シリーズ13 川崎橋
シリーズ12 社家町の石橋
シリーズ11 大宮橋
シリーズ10 淀屋橋
シリーズ9 七条大橋
シリーズ8 安居橋
シリーズ7 梶取橋
シリーズ6 一本橋
シリーズ5 難波橋
シリーズ4 祇園巽橋
シリーズ3 瀬田の唐橋
シリーズ2 宇治橋
シリーズ1 三条大橋
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ